本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  健康・福祉・高齢・障がい  >  国民健康保険  >  保険給付
移送の費用がかかったとき
 負傷、疾病などのため移動が困難な患者が、医師の指示により一時的・緊急的な必要があり、移送されて入院や転院をしたとき、患者の移送にかかった費用を支給します。
一部負担金の減免
 災害、失業その他特別な理由により、一時的、臨時的に医療費の一部負担金の支払いが困難になった場合はご相談ください。状況に応じて、一部負担金が減額または免除になる…
いったん全額を自己負担したとき(療養費)
 診療費等を支払ったとき、次のような場合で区が認めたものに限り、保険診療の基準により算定した金額から自己負担分を除いた額を支給します。
 緊急その他やむを得ない…
海外で診療を受けたとき
海外旅行中等(海外勤務での業務外の病気、ケガを含む)にやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により一部医療費の払い戻しを受けられる場合があります…
高額の費用がかかったとき(70歳以上の方)
高額療養費とは、同じ人が、同じ月に、同じ医療機関に支払った医療費の一部負担金が一定の額を超えた場合、その超えた額が支給される制度です。
 該当する場合は…
高額の費用がかかったとき(70歳未満の方)
高額療養費とは、同じ人が、同じ月に、同じ医療機関に支払った医療費の一部負担金が一定の額を超えた場合、その超えた額が支給される制度です。
該当する場合は、診療月よ…
高額医療・高額介護合算療養費
 1年間(毎年8月1日~翌年7月31日)の医療保険と介護保険の、各々の限度額を適用後の自己負担額の合算額が規定の限度額を超えた場合に、超えた額(当該額が500円…
交通事故にあったときなどの治療費
交通事故や傷害事件など他人(第三者)から受けた傷病に対する治療費は、原則として加害者が負担すべきものです。しかし、加害者に支払い能力がなかったり、損害賠償に時間…
後発医薬品(ジェネリック医薬品) について
 ジェネリック医薬品が利用できるときは患者さんの自己負担額が軽くなることがあります。ジェネリック医薬品をご希望される方はお医者さん及び薬局にご相談してください…
国保受給者証(精神通院)・結核給付金の支給
 国保受給者証(精神通院)
 障害者自立支援医療制度(精神通院)の適用を受けている方で、世帯における国民健康保険加入者全員が非課税の場合、自己負担金(原則として…
出産したとき (出産育児一時金)  
平成21年10月1日から、出産育児一時金の支給額が変更となり、併せて医療機関等への直接支払制度が始まりました。
 国民健康保険に加入している方が出産した時…
診療報酬明細書(レセプト)の開示
 国民健康保険に係る診療報酬明細書(レセプト)等を開示します。ただし、医療機関が診療上支障があると判断した場合は、開示できません。
特定疾病(人工透析を必要とする場合など)
 特定疾病の認定を受けると、その疾病に係る医療費の1か月あたりの自己負担限度額が1万円となります。ただし、慢性腎不全で人工透析を要する70歳未満の方のうち…
亡くなられたとき(葬祭費)
国民健康保険に加入している方が亡くなられた時、その葬儀を執り行った方に7万円を支給します。ただし、社会保険の資格を喪失して3か月以内に亡くなられた場合には…
入院したときの食事代
入院したときの食事代(標準負担額)減額について、住民税非課税世帯(70歳未満)の方は「標準負担額減額認定証」が、住民税非課税世帯区分1・2(70歳以上)の方は「…

健康・福祉・高齢・障がい

このページのトップへ戻る

板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.