本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  イベント >  区政情報・地域コミュニティ >  成増童謡まつり 

公開日:令和元年8月1日
最終更新日:令和元年9月2日

開催日
令和元年10月12日(土曜日)
ジャンル
催事・イベント
事前申込みの有無
不要
費用
無料

第28回成増童謡まつり

童謡作詞家、清水かつらのゆかりの地である成増。昭和51年、東武東上線成増駅南口に「うたの時計塔」が完成しました。そして平成4年から毎年恒例行事として始まった「成増童謡まつり」。

「成増童謡まつり」は、清水かつらさんの作品を後世に伝えるだけでなく、地域コミュニティの推進にも寄与する目的があります。

毎年、成増地区管内はもとより、板橋区内の小中学校、幼稚園、関係の皆様にも数多くご出演いただいております。

今回は、16団体約700人の皆様にご参加いただきます。

皆様、素晴らしい合唱や合奏、懐かしい歌をぜひお楽しみに。そして出演者の皆さんに盛大なご声援をお願い申し上げます。

日時

令和元年10月12日(土)

開場 12時30分 開演 13時00分 終演 16時30分(予定)

会場

成増アクトホール(別ウィンドウで開きます)(板橋区成増3-11-3-405 電話:5998-6881)

※成増アクトホールには駐車場がありませんので、車での来場はご遠慮ください。

 

清水かつらさんのご紹介

清水かつらさんは、明治31年に深川で生まれました。

先祖は土浦藩の藩士でしたが、明治維新で武士を捨てた父は注射器製造の仕事をしていました。

かつらさんが4歳のころ母が離縁され、かつらさんは寂しい少年時代を送らねばなりませんでした。

その後、本郷に移り小学校に入学、成績は優秀で詩や文学に憧れ、小学校4年生のころから少年雑誌を愛読し、青山にあった少年図書館に通っていました。ここでは、少年雑誌を読んで意見交換をしたり、著名な児童文学者のお話を聞く会や懇親会もありました。少年図書館では、「浜千鳥」を作詞した鹿島鳴秋や作曲家の弘田龍太郎と出会っています。

小学校6年生のとき、和光市新倉から第二の母を迎えました。

父の薦めで入学した商業学校を中退した後は、鹿島鳴秋や後に剣豪作家となる山手樹一郎とともに、少女雑誌の編集にたずさわりました。少女雑誌に掲載するために、少女小説を書いたり童謡の作詞を行い、大正8年頃から「靴がなる」「叱られて」「あした」「雀の学校」などの名作を発表しました。

その後、関東大震災で焼け出され、第二の母の故郷である和光市新倉に避難しましたが、さらに、成増と和光市との都県境にあった白子の家に移転しています。

この当時は、成増駅から東武東上線に乗り、雑誌社やレコード会社に出かけていました。

白子に移ってからは「みどりのそよ風」をはじめ、たくさんの童謡を作りましたが、昭和26年に亡くなっています。53歳でした。

かつらさんの作品は、初期のころは自分自身の境遇を歌った哀愁を含んだ童謡が多かったようですが、後年には子どもの遊ぶ姿や、白子や成増の自然を歌った作品が多くなっています。

このページのトップへ戻る

添付ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Readerをお持ちでない方は、Adobe社のサイトよりダウンロードしてください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
区民文化部 地域振興課
電話番号:03-3579-2161 FAX番号:03-3579-2166

成増地域センター 電話03-5998-6881

このページのトップへ戻る

トップページ >  イベント >  区政情報・地域コミュニティ >  成増童謡まつり 
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.