本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  くらし・住まい・環境・清掃 >  環境・公害・緑のカーテン >  公害 >  アスベストについて

公開日:平成30年4月1日
最終更新日:平成30年4月1日

アスベストについて

石綿(アスベスト)とは

 アスベストは、天然に産出する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。耐熱性、耐薬品性、絶縁性に優れており、建築資材や電気製品等3000種を超える利用形態があるといわれています。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹付ける作業が行われてきましたが、昭和50年に禁止されました。

 その後、昭和62年以降、学校などにおける吹付けアスベストの劣化や損傷の問題が取り上げられてからは、室内環境や一般環境への汚染による一般住民の健康被害のおそれに関わる問題として顕著化しました、さらに、平成17年6月、石綿含有製品を製造していた工場や建築現場で働いていた方々の労働災害の事例や工場周辺住民の健康被害が明らかになり、再び社会問題になりました。

 これを受け、平成18年9月から、一部の製品を除きアスベスト及びアスベストをその重量の0.1%を超えて含有する全ての物の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止され、平成24年3月1日以降は例外なく、前記のアスベストの使用等が全面禁止されています。

健康被害について

 アスベストの繊維は、肺繊維症(じん肺)や悪性中皮腫の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています。

 アスベストによる経年被害は、アスベストを扱ってから長い年月を経て出てきます。例えば、中皮腫は平均35年前後という 長い潜伏期間の後発病することが多いとされています。アスベストを吸うことにより発生する疾病としては、主に次のものがあります。

1.石綿(アスベスト)肺

 肺が繊維化してしまう肺繊維症(じん肺)という病気の一つです。石綿の暴露によっておきた肺繊維症を特に石綿肺とよんでいます。アスベスト暴露をやめたあとでも進行することがあります。

2.肺がん

 肺細胞に取り込まれた石綿繊維の主に物理的刺激により肺がんが発生するとされています。また、喫煙と深い関係にあることも知られています。

3.悪性中皮腫

 肺を取り囲む胸膜、肝臓や胃などの臓器を囲む腹膜、心臓及び大血管の起始部を覆う心膜にできる悪性の腫瘍です。進行が速いのが特徴です。

このページのトップへ戻る

アスベストQ&A

質問:アスベストの特徴は何ですか?

回答:アスベストは、その繊維が細く、容易に空気中に浮遊します。このため、人が呼吸器から吸入しやすいという特徴をもっています。また、通常の環境条件下では、半永久的に分解、変質しないこと及び地表に沈降したものは容易に再度粉じんとして空中に飛散するため、環境蓄積性が高い点で、他の物質とは異なります。

質問:どの程度アスベストを吸い込んだら発病しますか?

回答:アスベストを吸い込んだ量と中皮腫や肺がんなどの発病の関係には相関関係が認められていますが、短期間の低濃度曝露における発がんの危険性については不明な点が多いとされています。現時点では、どれぐらい以上のアスベストを吸えば、中皮腫になるかどうかは明らかではありません。

質問:建築物のアスベストの危険性は?

回答:建築物においては、(1)耐火被覆剤等として吹き付けアスベストが、(2)屋根材、壁材、天井材等としてアスベストを含んだセメント等を板状に固めたスレートボード等が使用されている可能性があります。

 アスベストは、その繊維が空中に浮遊した状態にあると危険であるといわれています。すなわち、露出している吹付アスベストが使用されている場合、劣化等によりその繊維が飛散するおそれがありますが、板状に固めたスレートボードや、天井裏・壁の内部にある吹付アスベストからは、通常の使用状態では、室内に繊維が飛散する可能性は低いと考えられます。

 アスベストと思われるものにも、ロックウール等類似したものがあります。詳しくは建物の建築時の工事業者や建築士、建物の所有者に問い合わせて下さい。

質問:アスベストか見分ける方法はありませんか?また、板橋区で分析してくれませんか?

回答:肉眼やルーペでは見分けることはできません。専門の分析機関に依頼してください。なお、板橋区では分析できません。

質問:アスベストを除去する場合どのようにすればよいのですか?

回答:個人の判断で除去するとご自身がアスベストにより被害を受けると共に、周辺環境に与える影響が大きいことが上げられます。必ず、専門の業者に依頼してください。

質問:アスベスト除去工事費用に対する融資・斡旋は?

回答:〈一般住宅リフォーム支援事業における金利優遇措置〉

板橋区のリフォーム支援対策の一環として、アスベスト除去工事を含むリフォーム工事についても対象になります。この制度を利用すると、区内の金融機関が行う一般のリフォームに比べて、優遇された金利が適用されます。

回答:〈中小企業(不動産貸付業を含む)向け融資〉

アスベスト除去工事を産業融資(事業資金業など)の対象にしています。小規模企業融資・設備資金融資があります。

質問:石綿分析費用の助成は?

回答:板橋区では、吹付け石綿などの分析調査を行う方を対象に、分析調査に要する費用の2分の1(上限5万円)を助成します。なお、助成対象には条件があります。

 

板橋区におけるアスベストに関する問い合わせ先について

1. 建築物等の解体・改修工事に関すること

石綿含有建築物の解体等工事に関する届出

環境政策課生活環境保全係 03-3579-2594

石綿分析調査に要する費用の一部助成

環境政策課生活環境保全係 03-3579-2594

建築基準法に関する石綿の相談

建築指導課建築設備グループ 03-3579-2577 

建築リサイクル法に関する石綿の届出書の相談

建築指導課監察グループ 03-3579-2578

公共施設(学校・児童施設)など区所有施設の工事関係

施設経営課計画グループ 03-3579-2582

 

2.除去費用に関する融資・あっ旋

一般住宅リフォーム支援事業における金利優遇措置

住宅政策課住宅政策推進グループ  03-3579-2186       

中小企業(不動産貸付を含む)向け融資

産業振興課産業支援グループ  03-3579-2172

 

3.アスベストに関する健康相談

アスベストに関する健康相談、健康被害救済窓口

板橋区保健所予防対策課公害保健グループ 03-3579-2303

       〔石綿を製造・取扱業務に従事していた方に〕

板橋・上板橋・赤塚・志村・高島平の各健康福祉センター

 

4. アスベスト分析機関・労災病院・関係団体など

アスベスト関連機関の連絡先一覧

関連情報:東京労働局のホームページ石綿関連のお知らせ(別ウィンドウで開きます)サイトマップ(労働基準監督署)(別ウィンドウで開きます)

このページのトップへ戻る

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
資源環境部 環境政策課
電話番号:03-3579-2591 FAX番号:03-3579-2589

お問い合わせは生活環境保全係まで 電話番号:03-3579-2594

このページのトップへ戻る

板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.