本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  国際交流 >  交流のある外国都市 >  板橋区と交流のある外国都市

公開日:平成20年4月1日
最終更新日:平成27年1月21日

板橋区と交流のある外国都市

 板橋区は、世界の様々な国と交流を行い、国際交流を推進しています。

 区民レベルでの国際交流は、公益財団法人板橋区文化・国際交流財団が中心となり、行われています。

バーリントン市(カナダ、 オンタリオ州)

 市(区)民が互いに理解し合い、友情を深めることが世界平和の礎になるとの理念のもと、板橋区は1989年、カナダのオンタリオ州バーリントン市と姉妹都市提携を締結しました。以来、板橋区とバーリントン市とは、青少年訪問団や区民ツアーの訪問、文化団体による文化交流など、市(区)民レベルでの様々な交流が続いています。姉妹都市提携25周年にあたる2014年には公式訪問団が相互に両市(区)を行き来し、記念事業が行われました。

モンゴル国文部省(現文部教育科学省)

 1992年に印刷工場の余紙で作った再生ノートや鉛筆などを贈ったことで始まったモンゴル国との交流は、その後文化交流、人的交流へと発展し、199610月、モンゴル国文部省(現教育・文化・科学省)と板橋区は「文化・教育交流協定」を締結しました。協定締結15周年にあたる2011年には、モンゴルフェアの実施や区民ツアーの派遣などにより、人的・文化的な交流を進めました。

このページのトップへ戻る

北京市石景山区(中国)

 1992年から始まった北京市石景山区との交流は、日中国交正常化25周年にあたる199710月に友好交流協定締結という実を結び、以来、石景山区訪問区民ツアーや両区区民による書道・絵画・写真展の開催など、区民レベルでの交流が行われています。2007年には、提携10周年記念の区民ツアー派遣など、両区間の文化交流が進んでいます。また2007年度は年間を通して開催した「中国理解講座」の他、10周年を祝い石景山区代表団が板橋区を訪問し、記念事業を行いました。

ボローニャ市(イタリア、エミリア・ロマ-ニャ州)

 1981年板橋区立美術館において「第1回ボローニャ国際絵本原画展」を開催して以来、板橋区とボローニャ市は、両都市の代表者が相互に訪問し、また、ボローニャ見本市協会からの児童図書寄贈を受けて「ボローニャブックフェアinいたばし」を開催するなど、交流が続いています。20049月には同市から寄贈された絵本を収蔵する「いたばしボローニャ子ども絵本館」が開館しました。20057月に友好都市提携を締結しました。友好都市提携5周年にあたる2010年には、イタリア・ボローニャフェアを実施するとともに、区民ツアーがボローニャ市を訪問し交流を深めました。

マレーシア・ペナン州

 板橋区とペナン州は、19949月に、板橋区立熱帯環境植物館とペナン植物園との間の「友好提携に関する共同声明」に調印、以来植物の交換事業などを行っています。 2008年にはペナン植物園内「日本庭園」竣工を記念し、公式訪問団と、第1回目となる区民ツアーがペナン植物園を訪問しました。 2014年には交流20周年を記念した交流事業として、板橋区の訪問団がペナン州を訪問しました。

このページのトップへ戻る

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
区民文化部 文化・国際交流課
電話番号:03-3579-2018 FAX番号:03-3579-2166

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  国際交流 >  交流のある外国都市 >  板橋区と交流のある外国都市
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.