本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  健康・福祉・高齢・障がい >  衛生・医務・薬事 >  動物・衛生害虫 >  アタマジラミの対策Q&A

公開日:平成20年4月1日
最終更新日:平成26年6月16日

アタマジラミの対策Q&A

〔Q1〕

生活環境がよくなった今日に、なぜシラミが発生するのでしょうか

〔A1〕

 海外との交流が増え、シラミが国内に持ち込まれる機会が増えたことが挙げられます。また昭和46年(1971年)にシラミなどの駆除薬であるDDTが、毒性の問題などにより使用中止となり、駆除に手間と日数がかかるようになったこともあります。

〔Q2〕

予防法はありますか

〔A2〕

 こまめな洗髪が、一番の予防法です。頭皮までシャンプーが十分に行き渡るように、指先でよく洗いましょう。特に後頭部や生えぎわは念入りに。

〔Q3〕

ペットからうつることかありますか

〔A3〕

 シラミは寄生する動物を選ぶ性質があります。このためヒトに寄生するシラミが動物にうつることや、他の動物を介してシラミがうつることはありません。

〔Q4〕

髪から落ちて、どれくらい生きてますか

〔A4〕

 シラミは吸血しないと生きていけません。頭髪から落ちてしまうと、3日程度で死滅します。このためシラミの被害があるときはよく掃除を行い、ごみは密封して捨てましょう。

〔Q5〕

プールや銭湯でうつりますか

〔A5〕

 遊泳中や入浴中にうつることはほとんどありません。しかし、タオルなどの使い回しやロッカーなどでうつることが考えられます。身の回り品の共用を避け、ロッカーはよく清掃しましょう。

このページのトップへ戻る

適切な対応を

 現在のアタマジラミの発生は、いわゆる『フケツ』が原因で生じるものではありません。どの家庭でも起こり得ることです。正しい知識をもって適切に対応しましょう。

 保育園、小学校などでの発生時には、一人でも対応を怠ったり、処理の方法を誤ると、残った成虫や卵によって被害が再発する恐れがあります。『集団生活の場』と『家庭』との連携が重要です。

 

このページに関するお問合せ 板橋区保健所生活衛生課環境衛生

電話番号 03-3579-2335

このページのトップへ戻る

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号 板橋区保健所
健康生きがい部 生活衛生課
電話番号:03-3579-2332 FAX番号:03-3579-1337

このページのトップへ戻る

トップページ >  健康・福祉・高齢・障がい >  衛生・医務・薬事 >  動物・衛生害虫 >  アタマジラミの対策Q&A
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.