本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  仕事・契約・産業 >  産業・企業・支援・講座 >  産業振興・活性化 >  板橋製品技術大賞 平成19年度受賞製品 

公開日:平成20年4月17日
最終更新日:平成22年7月8日

発掘!いたばしの新製品・新技術!!

平成19年度の受賞製品が決まりました

最優秀賞

ICプラスチックモールド開封装置

 日本サイエンティフィック株式会社

 〒174-0074 東京都板橋区東新町1-28-6

 TEL 03-5943-1411 

 URL http://www.nscnet.co.jp/j/index_j.html

[製品の説明]

殆どの半導体は、シリコンチップの上に回路を形成し、配線がなされた後エポキシ樹脂でモールディングされ、完成します。故障状況は動作特性を見ることで判断できるわけですが、半導体のどの個所がどのように故障しているかを見出さなければ、故障対策を実施することはできません。故障解析の大切なステップとして、ICのプラスチック部分を除去し、チップのみを露出させる作業が行われます。本装置はこの目的のために製品化された半導体故障解析に必須のICプラスチックモールド開封装置です。

開封装置は、開封作業で半導体チップにダメージを与えてしまっては故障解析の目的を達成することは出来ません。開封装置としては、発煙硝酸、濃硫酸による薬液開封と、活性化イオンによるドライ開封によるものが有りますが、99%は薬液開封によるものです。

本装置は薬液開封装置ですが、高温の強酸を安全且つ環境汚染の極小化をはかりつつ制御し、長期間の使用に耐え、廉価に製品化しなければならない等の多くの課題があります。本装置は、最適な構成材料の選択と薬液加熱部分のシールレス化を実現することによってこれらの課題を一挙に解決することができました。

≪受賞のポイント≫

加熱方法と構成材料を大幅に変更し、安価で長期使用に耐える構造となっています。故障解析をサポートする製品は半導体産業に必須の装置であり、日本のみならず世界の半導体産業を支える革新的な製品です。

優秀賞

ORIANDON

(オリアンドン)

 株式会社 ユアサ商会

 〒175-0081 東京都板橋区新河岸3-4-5

 電話 03-5997-9466

 URL http://yuasa-shokai.sakura.ne.jp/

[製品の説明]

本製品は耐熱性・耐水性・強度に優れた特殊な紙を使用しており、 今までにないデザインの(オリアンドン)を製品化しました。

平成18年11月に日本テレビの【ぶらり途中下車の旅】内で紹介され以来、徐々に 注目されるようになりました。 又、デザイナーのコシノジュンコ氏の依頼で、文化庁舞台芸術国際フェスティバル(上野国立博物館)、羽田第2ターミナルオープニングセレモニー等の製作で協力しました。

オリアンドンは従来のように骨組みに紙を貼るのではなく極力骨を使用せず、紙の強度を利用して折り目の凹凸、それによる光と影を演出しております。

≪受賞のポイント≫

耐熱・耐水・強度に優れ、和紙と同様の風合いの「アラミド紙」を使用し、"折り"によって製作したこれまでにないデザインアートの照明。一つ一つ手作業で製作されるオリジナリティあふれる製品は、照明器具の域を越えて芸術と呼ぶに相応しい製品といえます。

優秀賞

オリジナルジャカートニット

(見せるサポーター)

 株式会社 松崎マトリクステクノ

 〒174-0023 東京都板橋区大山町38-5

 電話 03-3973-0678 

 URL  http://www.matsuzaki-mt.co.jp/

[製品の説明]

本製品の特徴は、ダブル・ジャカート柄の小寸の筒状の編み地を利用して、レギンスやボディーウォーマーのような各部位・身体を包み込むアネックスウェアです。

その背景には、世界的な安価な量産品市場に急変貌した東アジア市場によって日本市場の衰退傾向が顕著になり、当社は、商品のコモディティー化を避けるべく市場を選択して、特徴的な技術を駆使した高品質・高付加価値な商品を目指したことがきっかけとなりました。

自社のコア技術である「ニット技術」の伝統を受け継ぎ進化させて、繊維機械の設計開発から最終製品製造までを一貫して行い、こだわったモノづくりをしております。

≪受賞のポイント≫

これまでにない、縦・横伸縮する、柄付きニットシームレスサポーター製品を提案。「見せるサポーター」として今後はスパッツ・レギンス等のストレッチ製品としての用途も期待できます。

このページのトップへ戻る

優秀賞

ミニケミカルポンプ

NRX型

 日本精密科学株式会社 

 〒173-0011 東京都板橋区双葉町25-10

 電話 03-3964-1198

 URL http://www.nihon-exa-sci.com/

[製品の説明]

高圧定量プランジャーポンプ NRX型は今までのプランジャーポンプでは困難であった極微量の無脈流送液を、簡単・正確に送液できる理化学実験用の送液ポンプです。流量は1μ/min(86.4ml/day)より、吐出圧は最大35MPa(350Kg/C平方メートル)まで使用できます。接液部は主接液部にSUS316を採用した標準型のほかに、高機能樹脂を採用したノンメタリック仕様を用意し、有機溶媒、酸性・アルカリの液体も送液可能です。操作方法は流量をデジタル(LED)で設定・表示し、外部入力信号もパソコン通信、アナログ通信、何れも対応しております。使用目的は分析機器(ミクロLC,FIA)用、ナノケミストリー用の各種反応実験用、水生生物環境負荷用試薬送液、燃料電池開発・評価用等、長時間の定量高圧の送液に使用します。

≪受賞のポイント≫

今回の製品は、1μ?/minという微少液量の無脈流輸送を可能にした。新しく開発され、提案されているマイクロ・ナノ分析装置の実用化にも道を開く製品として期待されます。

優秀賞

パワーウォール

 NPO法人 日本耐震防災事業団

 〒174-0076 東京都板橋区上板橋2-24-9

 電話 03-3559-7221 

 URL http://www.nittaibou.jp/

[製品の説明]

【耐震壁・パワーウォールの特徴と効果】

画期的な耐震工法で安価・施工も簡便で効果も大きく美観にも配慮した施工方法です。

[1]壁強さ倍率 11.7KN (従来の耐震工法に比べて大きな耐力が得られた)

<財団法人 日本住宅木材技術センターにて平成19年6月実験済>

[2]外壁を壊さずに耐震耐力壁を施工するため、室内作業もなく入居中でも施工が可能です。

[3]従来の耐震工事の1/3程度の費用で施工が可能です。

(100平方メートル当たりで平均工事費100万円以下)

[4]サイディング張り・タイル張り等意匠性にも優れております。

≪受賞のポイント≫

外付けの補強枠(パワーウォール)であり、入居中の施工が可能な上、安価で効果の高い耐震工法となっています。この技術で日本の住宅の多くを補強することが出来ると期待されます。

環境賞

ふりピタ蛇口

 有限会社 岡部製作所 

 〒174-0055 東京都板橋区泉町20-2

 電話 03-3960-0793

 URL http://www2.tbb.t-com.ne.jp/okabe/sato/

[製品の説明]

節水の基本はこまめに水道の栓を回して水を止めることは誰でも判っていることですが、これが難しい。特に、飲食店の厨房における昼食の混雑時では水道の栓を回している手間も惜しく、水や湯を流しっ放しにしまいがちです。真に、湯水の如く消費する状態となります。この料金が結構高額となり、中規模飲食店では水道料金・ガス料金が年間100万円を超えてしまう場合もあります。そこで、蛇口の栓を回さずに出水・止水が出来る蛇口を作りました。

「ノズルを振る!」これだけで、水を出して水を止める。

水を出す時は、ノズルを流し台の中央へ振るだけで、水を止める時は、ノズルを流し台の脇に回して止める。多忙な混雑時においても無意識に出水・止水を行うようになり、水の節約およびガスの節約につながります。

更にノズルの先端からは空気が30%混ざった水が出る構造になっています。30%が空気ですから、30%の水とガスを節約します。空気が混ざっていても、水がノズルより高圧噴出していますので水量感は変わりません。この蛇口を使って、某ラーメンチェーン店では年間約1,000万円の水道料金・ガス料金を節約しました。

≪受賞のポイント≫

ノズル自体を左右させることにより容易に水流を停止することのできる蛇口。日常の生活動作の中で簡単に節水を実現できることが環境面で高く評価できます。面倒な工事を必要とせず、既存の蛇口と容易に交換できることで市場性 もあります。

 

このページのトップへ戻る

添付ファイル

日本サイエンティフィック株式会社(JPEGファイル 571キロバイト)

株式会社 ユアサ商会(PNGファイル 281キロバイト)

株式会社 松崎マトリクステクノ(JPEGファイル 49キロバイト)

日本精密科学株式会社(PNGファイル 118キロバイト)

NPO法人 日本耐震防災事業団(PNGファイル 263キロバイト)

有限会社 岡部製作所(PNGファイル 270キロバイト)

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-0004 東京都板橋区板橋二丁目65番6号 情報処理センター
産業経済部 産業振興課
電話番号:03-3579-2172 FAX番号:03-3579-9756

このページのトップへ戻る

トップページ >  仕事・契約・産業 >  産業・企業・支援・講座 >  産業振興・活性化 >  板橋製品技術大賞 平成19年度受賞製品 
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.