本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  文化財 >  泉福寺のご案内

公開日:平成21年5月11日
最終更新日:平成21年7月15日

 泉福寺大堂にある暦応3年(1340)の銅鐘銘にその名を残す真言宗寺院です。境内には室町時代の板碑が多数保存されています。本堂の十一面観音立像は、天和元年(1681)7月15日に、地元の春日伊兵衛によって奉納されたものです。

所在地

 板橋区赤塚6-39-7

 地図はこちら(別ウィンドウで開きます)

交通

 東武東上線「下赤塚」徒歩15分

 国際興業バス「赤塚八丁目」徒歩3分

このページのトップへ戻る

泉福寺十一面観音立像

泉福寺十一面観音立像
(画像クリックで拡大61KB)

所蔵文化財

泉福寺十一面観音立像

板橋区指定有形文化財(歴史資料) 平成4年2月28日指定 見学不可

 十一面観音は頭上に小さな十一の仏面をいただき、六観音の一つに配されています。

 泉福寺十一面観音立像は、木造で、寄木造(よせぎづくり)、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)、漆箔(しっぱく)で前身が金箔でおおわれ、頭髪には彩色が加えられ、像高は53.1cmです。左手は屈して水廟(すいびょう)を持ち、右手は拳を前方に向けて下にさしのべて蓮華座の上に立ち、面相(めんそう)、体躯(たいく)、裳(も)の表現のいずれもきわめて正統的な作風を示しています。光背(こうはい)は舟形(ふながた)光背で、表面には十一面観音を示す梵字が十一配され、裏面には「天和元年辛酉造立者下赤塚村春日尹兵衛/七月十五日 法名泰翁浄安居士」と陰刻されています。

 像、光背、蓮華座はいずれも制作当初のものであり、制作年代と発願者も明らかな貴重な仏像です。

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
教育委員会事務局 生涯学習課
電話番号:03-3579-2633 FAX番号:03-3579-2635

お問合せ先

教育委員会事務局 生涯学習課 文化財係
TEL:3579-2636
FAX:3579-2635

このページのトップへ戻る

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  文化財 >  泉福寺のご案内
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.