本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  区民参加・区民の声・モニター >  都区のあり方や地方分権改革の動向等 >  都区のあり方や地方分権改革の動向等

公開日:平成26年6月30日
最終更新日:平成27年4月9日

都区のあり方や地方分権改革の動向等

 都区のあり方や地方分権改革の動向等についてお知らせします。

都区のあり方検討会

 都区のあり方を根本的かつ発展的に検討するために、都区協議会に都区のあり方検討委員会が設置され、(1)都区の事務配分に関すること、(2)特別区の区域のあり方に関すること、(3)都区の税財政制度に関することを検討しています。詳細は、特別区長会のページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

東京の自治のあり方研究会

 都区のあり方検討委員会の議論の中で、将来の都制度や東京の自治のあり方を明らかにしていくことが重要であり、学識経験者も含め、都と区市町村共同で調査研究することが必要であるとの認識が都区の間で一致したことから、東京都、特別区長会、東京都市長会、東京都町村会の4団体共同で東京の自治のあり方研究会を設置し、平成21年11月から研究を開始しました。詳細は特別区長会のページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

地方分権改革・地域主権改革

 地方公共団体の自治事務について国が法令で事務の実施やその方法を縛っている義務付け・枠付けが多数存在する現状にあります。地域の実情に合った施策を展開するには、義務付け・枠付けの見直しと条例制定権の拡大を進めることにより、地域の住民を代表する議会の審議を通じ、地方公共団体自らの判断と責任において行政を実施する仕組みに改めていく必要があります。

 平成23年には地方公共団体に対する義務付け・枠付けの見直しや条例制定権の拡大を行うための法律の改正がなされました。詳細は内閣府のページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。これらを受けて板橋区で行った条例の整備状況については次のとおりとなっています。

 

 ・地域主権改革に係る板橋区の条例一覧(平成23年度・平成24年度)

 ・地方分権改革に係る板橋区の条例一覧(平成25年度以降)

 

特別区全国連携プロジェクト

 我が国は、人口減少社会を迎え、地域の崩壊や経済の衰退などが懸念されており、地域の活性化が求められています。
 今必要なことは、東京を含む各地域が強い信頼関係のもと、活き活きとしたまちづくりを進め、ともに発展・成長しながら共存共栄を図っていくことです。
 このことから、板橋区をはじめ、特別区は各地域との新たな連携を模索し、東京を含めた各地域の経済の活性化、まちの元気につながるような取り組みとして、「特別区全国連携プロジェクト」を展開していきます。詳細は特別区長会のページ(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

 

 

このページのトップへ戻る

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 政策企画課
電話番号:03-3579-2011 FAX番号:03-3579-4211

このページのトップへ戻る

板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.