本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  農業・農園 >  都市農業振興イベント >  板橋ブランド野菜「志村みの早生大根」復活の取り組み

公開日:平成28年7月20日
最終更新日:平成29年4月28日

志村みの早生大根

志村みの早生大根
(画像クリックで拡大668KB)

「志村みの早生大根」とは?

 

   志村みの早生大根は、「江戸東京野菜」の一つで、江戸時代に中山道板橋宿の北、清水村で作られていた特産品です。

 江戸時代の書物には「清水夏大根」という名で記されており、その名のとおり夏の暑さに強い大根です。種まきから約2か月で収穫できます。しかし、病気に弱かったこともあり、一時期は全く栽培されませんでした。

 しかしながら、2011年にJA東京あおば板橋地区青壮年部員が茨城の研究所から種を取り寄せ、「志村みの早生大根」の本格的な復活に向けて取り組み始めました。

 当初は、作り方や作るのに良い時期などがわからず、苦労の連続でしたが、生産者の方々の努力の結果、商品として販売できるほどまでになりました。

 現在は、区内の10軒ほどの農家で作られ、板橋区民まつりや板橋農業まつりなどの区内イベントの際に買うことができます。

「志村みの早生大根」復活の取り組み

●2011年(平成23年)、復活栽培を開始

「志村みの早生大根」の種を取り寄せ、2人のJA東京あおば板橋地区青壮年部員が栽培を試みました。しかしながら種が固定されていないため、収穫した大根は大きさや形が不ぞろいでした。さらに根元が傷みやすいなど、青首大根に比べて管理が非常に難しいものでした。

●2013年(平成25年)夏、初の販売を試みる

 区から区内のイベントで「志村みの早生大根」の販売を依頼しました。

 イベントの日に合わせて収穫・販売できるように、種まき時期を調整しながら準備を進めました。

 販売時は、漬物などの試食を用意し、「志村みの早生大根」の特徴である独特の強い辛みを伝えることができました。

●2014年(平成26年)秋の作付け検討会議、秋の栽培も可能と判断

 収穫時期が夏となっていた「志村みの早生大根」ですが、秋の栽培を試みた結果、秋にも栽培できることがわかりました。その結果、夏と秋に直売所で販売することが可能になりました。そして、秋に開催する板橋農業まつりでの販売も決定しました。

●現在、各イベントで約200本販売

 形質(味や形)の固定や品質の安定化等の課題はまだありますが、「志村みの早生大根」の生産量は徐々に安定してきつつあります。現在は、各イベントで約200本を販売することを目標に生産しています。

 

2017年(平成29年)「志村みの早生大根」販売イベント

さつきフェスティバル 

 ・と き 5月16日(火)、17日(水) 9:00~17:00(なくなり次第終了)

 ・ところ 区役所本庁舎北館1階

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒175-0092 東京都板橋区赤塚六丁目38番1号
産業経済部 赤塚支所
電話番号:03-3938-5113 FAX番号:03-3939-9962

イベント担当部署
 板橋区赤塚支所都市農業係
 所在地 175-0092 東京都板橋区赤塚6-38-1
 電 話 03-3938-5114
 F A X  03-3939-9962

このページのトップへ戻る

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  農業・農園 >  都市農業振興イベント >  板橋ブランド野菜「志村みの早生大根」復活の取り組み
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.