本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  庁議 >  平成28年度第5回庁議(第4回経営戦略会議)

公開日:平成28年7月15日
最終更新日:平成28年8月9日

 

庁 議 記 録

 

【会議名】

平成28年度第5回庁議(第4回経営戦略会議)

 

【日 時】

平成28年5月16日(月)午前9時00分~950

     

【場 所】

災害対策本部室

 

【出席者】

区長、副区長、教育長、常勤監査委員、政策経営部長、技術担当部長、総務部長、危機管理室長、区民文化部長、産業経済部長、健康生きがい部長、保健所長、福祉部長、子ども家庭部長、環境戦略担当課長(資源環境部長代理)、都市整備部長、土木部長、会計管理室長、教育委員会事務局次長、地域教育力担当部長、選挙管理委員会事務局長、監査委員事務局長、区議会事務局長、政策企画課長、経営改革推進課長、財政課長、広聴広報課長、総務課長、人事課長

 

【次 第】

1 審議事項

(1)平成28年度各部経営方針について   ……※別途起案

(2)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた平成28年度の取り組みについて(案)

【東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部】

2 その他

 

概 要

◆ 区長挨拶

(1)本日審議事項として「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた平成28年度の取り組みについて」が挙げられている。大会開催まであと4年となったが、開催機運を高めていくためには4年後に間に合えばよいというものではなく、数年前からの取り組みが必要になる。部署を超えた連携を通じて、多様な角度から準備を進めるようお願いする。

(2)オリンピック・パラリンピック関連事業は、未来創造戦略における戦略事業が多い。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される平成32年(2020年)は基本計画の中間年でもあり、5年間の成果を問われる年でもある。未来創造戦略では、施策・組織横断的な事業実施を通じて、より効果的・効率的に区の将来像を実現していくことが求められる。今後も迅速かつ着実な検討の積み重ねをお願いする。

(3)本日、被災地支援として熊本県大津町及び熊本市へ職員派遣を行った。健康相談業務や、がれき集積所対応業務、罹災証明事務に当たる。今後もより効果的で継続的な支援ができる体制づくりをお願いする。

(4)生涯学習センター・美術館等、新たな機能を盛り込んだ施設づくりを進めている。数年に渡る計画ではあるが、絶えず先を読みながら計画を改善し、新たな政策を打ち出してほしい。区民の皆さんに関心をもっていただける事業展開をお願いする。また、区内には熱帯環境植物館のように、指定管理者が他に類を見ない魅力的な取り組みを行っている施設も多く存在する。職員のスキルを高める取り組みや新たな価値観を生む取り組み等、効率的で質の高い運営を行い、専門たる目的の事業が達成できる環境づくりをお願いする。

(5)5月1日よりクールビズが開始された。健康面や身だしなみには十分配慮し、明るく元気でてきぱきとした職場づくりをお願いする。

 

◆ 審議事項         

(1) 平成28年度各部経営方針について

政策経営部長───説  明───     ……別途起案

 

(2) 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた平成28年度の取り組みについて(案)

区民文化部長───説  明───(資料2)

【審議目的】

・東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた本年度の取り組み内容案について報告する。

【主な意見】

・北区との関連、スポーツ特区について

→国家戦略特区の東京圏の区域は東京都全体という解釈である。国家戦略特区のメニューの一つである道路法のエリアマネジメントの特例を活用し、地方創生加速化交付金を活用した実証実験を考えている。北区との連携も視野に入れつつ、今後さらに検討部会において検討していく。

・観光振興ビジョンにおいて、インバウンドのメニューも入れてはどうか。

→主管課とともに検討していく。

・区内小学生・中学生を対象とした事業やスポーツも、重要になってくるのではないか。

→指摘のとおりである。都と他の団体が実施している事業への参加促進も検討する。

・板橋区と交流がある海外都市との連携も、ぜひ拡大してほしい。

→都の事業では、一つの学校が5ヶ国(地域含む)と関連して取り組む事業がある。区では、交流がある都市との連携も検討しており、この二つを組み合わせて取り組んでいく。

・多言語対応について、サイン多言語化基準は板橋区独自のものなのか。各区で作成すると、多様化して分かりづらくなるのではないか。

→日本語及び英語については、都で基準・方針を定めている。その他の言語については、地域の状況を反映して決定することになる。

【審議結果】

・提案のとおり決定し、具体的検討を進めていく。

 

◆ その他

・次回日程 平成28年5月24日(火)午前8時30分~

 

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 政策企画課
電話番号:03-3579-2011 FAX番号:03-3579-4211

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  庁議 >  平成28年度第5回庁議(第4回経営戦略会議)
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.