本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  庁議 >  平成28年度第9回庁議(本部会議:男女平等参画推進本部)

公開日:平成28年10月6日
最終更新日:平成28年10月6日

  

庁 議 記 録

 

【会議名】

平成28年度第9回庁議(板橋区男女平等参画推進本部)

 

【日 時】

平成28年7月19日(火)午前9時00分~10時00分

     

【場 所】

災害対策本部室

 

【出席者】

区長、副区長、教育長、常勤監査委員、政策経営部長、技術担当部長、総務部長、危機管理室長、区民文化部長、産業経済部長、健康生きがい部長、保健所長、福祉部長、子ども家庭部長、資源環境部長、都市整備部長、土木部長、会計管理室長、教育委員会事務局次長、地域教育力担当部長、選挙管理委員会事務局長、監査委員事務局長、区議会事務局長、政策企画課長、経営改革推進課長、財政課長、広聴広報課長、総務課長、人事課長、赤塚支所長

 

【次 第】

1審議事項

(1)「男女平等参画社会実現のための第四次板橋区行動計画 いたばしアクティブプラン」平成27年度実施状況報告書の評価内容について

2連絡事項

 

概 要

◆ 区長挨拶

(1)   夏休みの時期を迎えた。夏休みは、普段なかなか会えない人と会ったり、行くことのない環境に身を置く絶好の機会である。感性を高める有意義な時間を過ごし、健康でよりよい仕事ができるよう期待する。

(2)   また、まとまった時間に様々な本を読むことは、心身のリフレッシュと共に明日の仕事の糧にもなると考える。働き方のひとつとして、参考になる本『現場からオフィスまで、会社で展開する トヨタの自工程完結』を紹介する。著者曰く「仕事のミスをなくすためには、単なる「心がけ」でなく、科学的に仕事の進め方を捉える必要がある。自工程完結とは、ミスをなくし、やり直しをせずに済むアプローチをするということだ」という。仕事における「目的・ゴール」「アウトプットイメージ」「プロセス・手段」「判断基準」「必要なもの」「振り返り」等を把握し、個々が自身の役割をしっかりと果たすことで、全体最適の状態を目指すことができる。また、上司・部下間の連携や情報共有が進み、やり直し等の無駄な時間を削減することができる。職員の皆さんには、一人ひとりの役割や責任を見つめ直し、質のいい仕事ができるよう励んでもらいたい。

 

◆ 審議事項

(1)「男女平等参画社会実現のための第四次板橋区行動計画 いたばしアクティブプラン」平成27年度実施状況報告書の評価内容について

【審議目的】

・平成27年度の実施状況報告書の評価内容について、審議決定する。

【主な意見】

・「めざす姿」において、ヘッドタイトルの次にサブタイトルをつけることを提案する。文章が数行続くよりも、ワンフレーズでまとめられている方が読み進めやすいのではないか。

→検討する。

・平成27年度は、本計画の最終年度(5年目)に当たる。本計画の評価は毎年男女平等参画審議会(以下、審議会)で行っていたとのことだが、今年度以降、次の計画策定まで審議会では評価を行わないということか。

→審議会は、長期基本計画審議会と同様に、計画を開始する2年前から始動する。直近の審議会委員の任期は平成28年4月20日で満了しているため、今年度から3年間は審議会委員による評価は行わない。

・5年間の総括評価を検証し、記載してはどうか。

→めざす姿の欄の記載は、5年間の総括評価として記載したものである。なお、平成27年度単年度評価と5年間の総括評価が異なるものは別途報告書内に記載がある。その他「男女平等参画社会実現のための板橋区行動計画 いたばしアクティブプラン2020(以下いたばしアクティブプラン2020)」の中でも、「第四次行動計画」における取組状況と課題が掲載されており、5年間の成果や課題がまとめられている。

・既に数値が出ている取組みや、記述が不適切な取組みについては、所管課と調整し記載内容を検討すべきである。

・報告書(案)33ページ取組45「就学の支援」「保育の支援」の実績欄「統計なし」について、何かカウントが可能な実績を入れるべきではないか。

→昨年度までと同様に「学校への就学(転入学)の件数」について実績を表記することとする。ただし本統計はDVを理由とした支援に限定されるものではないため、次年度以降の必要な数値は所管課と調整する。本件に関連し、女性の活躍に焦点を当てた「いたばしアクティブプラン2020」においても、女性活躍に関する実績値を正確に把握できるよう努めていく。次年度以降、女性の活躍に資する取組みや男性のワーク・ライフ・バランスに関する実績・活動状況等を正確に把握するべく、所管課に協力していただきながら新計画の評価につなげていく。

【審議結果】

・今回の意見を踏まえ、事務局において修正を加え、区長及び副区長に説明のうえ、出席者に報告することとした。

 

このページのトップへ戻る

◆ 連絡事項

・危機管理室長から、東京都内の熱中症患者数(4月~7月)について報告及び注意喚起があった。

・総務部長から、7月・8月に開催されるオフサイトゼミナールについて案内があった。

・次回日程 平成28年7月26日(火)午前9時00分~

 

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 政策企画課
電話番号:03-3579-2011 FAX番号:03-3579-4211

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  庁議 >  平成28年度第9回庁議(本部会議:男女平等参画推進本部)
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.