本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成29年9月9日号) 1面

公開日:平成29年9月9日
最終更新日:平成29年9月9日

板橋平和のつどい

平和と命の尊さを考える

 区では、昭和60年1月1日に行った「板橋区平和都市宣言」を実りあるものとするため、「板橋平和のつどい」を開催します。この機会に、みなさんも平和と命の尊さについて考えてみませんか。

問い合わせ 総務課総務係 電話番号3579-2052

開催案内

とき 11月2日木曜17時から20時30分

ところ 区立文化会館大ホール

定員 1200人(抽選)

費用 無料

申し込み 10月11日(必着)まで、往復はがき(1枚5人まで)で、総務課総務係

※申し込み記入例(4面)の項目と参加人数を明記。複数で申し込む場合は全員分明記。

内容

  • 板橋区平和の灯パレード…式典に先立ち、16時から広島市の平和のともしびと長崎市の誓いの火を合わせて灯した「板橋区平和のひ」のパレード(区役所から区立文化会館)を行います。
  • 「平和の旅」体験発表…8月の平和の旅(広島・長崎)に参加した中学生46人が、グループごとに旅の体験を発表します。
  • 「平和絵画・原爆展」優秀作品展示…小・中学生が「平和と戦争」をテーマに描いた絵画・ポスターの優秀作品を展示します。
  • 映画「母と暮せば」上映…井上ひさし原作の「父と暮せば」と対になる作品として、山田洋次監督が製作。舞台は、原爆投下から3年後の長崎。原爆で息子を失った母の前に、亡くなったはずの息子が突然現れる、少し不思議ながら幸せな日々を描いた、監督初のやさしく泣けるファンタジー作品です。

「平和への想い」を私たちの声で伝えます

「大きな平和」につなげるために 志村第五中学校2年 さなだみおさん

 「被爆者のことだけではなく、家族を失い食料もなく、苦しみながら亡くなった子どもが多くいることも知ってほしい」。私が平和の旅に参加して感じたことです。
 私は、日常で起こるささいなけんかも「小さな戦争」で、そういった小さな戦争をなくしていくことが、大きな平和につながるのではないかと考えています。それを実現するためにも、平和について一人ひとりが考え、話し合い、みんなが幸せになっていくことが大切だと思います。
 私たちの平和への想いを、日本だけではなく世界中の人に伝えていきます。

被爆体験者のメッセージを未来に 赤塚第一中学校2年 まるやまりかさん

 私は、小学4年生のときに家族と行った広島で原爆を知り、もう一つの被爆地である長崎のことも知りたいと思い、平和の旅に参加しました。一番印象に残っているのは、被爆体験者の講話です。原爆に対し「何もできなかった」という体験者の言葉や当時の病院の様子を聞き、戦争の悲惨さを感じました。それと同時に、今ある平和がとても大切で幸せなことだと改めて感じています。
 被爆体験者のメッセージを未来につなげるためにも、多くの人に「平和の大切さ」を伝えます。

いたばし国際絵本翻訳大賞 翻訳作品募集

 区では、外国文化に触れ国際理解を育むため、絵本の翻訳作品を募集し、優れた作品を表彰します。あなたの言葉で、海外絵本の魅力を表現してみませんか。

課題絵本

A英語部門…「The Journey」

Bイタリア語部門…「SOGNI D'ORO POMODORO」

※課題絵本は、いたばしボローニャ子ども絵本館・区立各図書館でご覧になれます。

応募資格 翻訳作品を出版物として発表したことのない方またはグループ

定員 A1000人B300人(いずれも申し込み順)

費用 A3300円B3700円

申し込み 10月31日(必着)まで、往復はがき・Eメールで、いたばし国際絵本翻訳大賞事務局(郵便番号112-0012文京区大塚3-1-1)メールアドレスitabashi-honyaku@trc-sp.jp

※申し込み記入例(4面)の項目と希望する部門(ABいずれか、または両方)を明記。共訳で申し込む場合は代表者分を明記。

※申し込み後、費用の入金方法をお知らせします。

※課題絵本・応募用紙などは入金確認後にお送りします。

作品の応募・選考など

応募締切 11月30日(消印有効)

審査員 翻訳家 三辺律子・冨田麗子・関口英子・赤塚きょう子

賞 最優秀翻訳大賞(賞金15万円)など

入賞発表 来年2月下旬

※個人の添削・講評は行いません。

《いずれも》

問い合わせ

  • いたばし国際絵本翻訳大賞事務局 電話番号5940-5610(平日10時から18時、12時から13時を除く)
  • いたばしボローニャ子ども絵本館 電話番号3579-2665〈月曜・月末日休館。ただし祝日の場合は開館し翌日休館〉

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

■このページについてのお問い合わせ■
政策経営部広聴広報課広報グループ(区役所4階14番窓口)
電話:03-3579-2022 FAX:03-3579-2028
Eメール:sk-koho@city.itabashi.tokyo.jp

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成29年9月9日号) 1面
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.