本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  くらし・住まい・環境・清掃 >  税金 >  各種資料(税制改正・統計・税の作文など) >  中学生の「税についての作文」板橋区長賞

公開日:平成29年12月8日
最終更新日:平成29年12月8日

税の力を最大に生かすために

   板橋区立板橋第一中学校  3年   大木 紀花

  

    普段、税金のことを気にすることはないが、レジの前に立つたび、頭の中では自動的に『八の段』が始まり、実際の金額に少しがっかりする。税金には色々な種類があるが、この消費税は、今の自分ができる唯一の納税方法なのだが、それすら『払わなければ楽なのに』と正直思う。

 しかし、先月行われた租税教室で学んでから、考えが変わった。税金は個人ではできない様々な公共のサービスや公共施設を国民に提供するための大切な財源なのである。例えば、舗装されている道路、通行には欠かせない信号機、大量に出るゴミの処理、けがや病気になった時に受ける診療など。挙げだしたらきりがないほどある。私たちが暮らしていくのに必要なもの、言い換えれば、当たり前のように利用しているもの全てと言っても過言ではないかもしれない。

 そして、今の私が一番『当たり前のように利用している』のは学校である。授業を受けることはもちろん、多くの教科書は無償で支給される。その教科書の裏には、「これからの日本を担うみなさんへ」と書かれている。これはきっと、税金には未来を創る役割も担っていると感じた。私が『払わなければ楽だ』と思っていた税金がなかったらどうだろうか、などと考える余地がないほど税金の重要性がわかる。

 そうは言っても、せっかく働いて稼いだ中から、消費税だけでなく各種の税金を納めなければならないのは抵抗がある。できるのであれば、税金は無くなって欲しい、そう思う人が多いのも仕方がない気もする。『税』の文字の成り立ちからもそれが分かる。『税』という字の『禾』には、稲などの総称、『兌』には、抜き取るという意味がある。まさに、頑張って収穫したものを抜き取られるという事だ。それならいっそ、名称を変えてみてはどうだろうか。税金は決して嫌なものではない。人が安心して暮らすためだけではなく、日本を創っていくのに必要なものだ。税金には日本の未来を創る力があるのだ。その一つに、二〇二〇年のオリンピック会場を設営するのも税金を必要とする。ならば、『未来金』という名前がふさわしいと考えた。こうすれば、自分たちも国の未来を創っている一人だと思えるからだ。

 また、無駄遣いをしないことも重要だ。中学生の私にもできることはたくさんある。支給された教科書を大切に使い、得た知識を生かす。健康管理をしっかりする。公共の施設を大切に利用するなど。そして、それ以上に重要なこと、それは、大人になったとき、社会に貢献できるそんな人になることだ。

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
総務部 納税課
電話番号:03-3579-2131 FAX番号:03-3579-4157

このページのトップへ戻る

トップページ >  くらし・住まい・環境・清掃 >  税金 >  各種資料(税制改正・統計・税の作文など) >  中学生の「税についての作文」板橋区長賞
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.