本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  文化財 >  陸軍板橋火薬製造所跡

公開日:平成30年3月30日
最終更新日:平成30年4月2日

弾道管と試験室

弾道管と試験室
(画像クリックで拡大450KB)

物理試験室

物理試験室
(画像クリックで拡大489KB)

陸軍板橋火薬製造所跡

(りくぐんいたばしかやくせいぞうしょあと)

 

  史跡の範囲は、旧野口研究所跡・旧理化学研究所板橋分所跡・区立加賀公園が対象となる。当地は、明治4年(1871)に兵部省が板橋金沢県邸(旧加賀藩江戸下屋敷平尾邸)の一部を火薬製造の用地に求め、同9年に発足した官営工場としては日本最古の部類に属する板橋火薬製造所内にあたる。同36年には同所に陸軍火薬研究所も設置された。終戦後、跡地には学校や工場、研究所等が入所した。当地には、板橋火薬製造所時代の煉瓦造建築物の物理試験室やRC造建築物の燃焼実験室、弾薬の性能を実射し検査した弾道管、露天式発射場を形成した土塁や的となった射垜(しゃだ)などの建築物や遺構が現存しており、区は産業都市板橋の原点として位置付けている。また戦後、旧理化学研究所板橋分所にはノーベル賞受賞者が研究室を構え、わが国における物理学研究拠点のひとつとしても評価される。
 本件については、平成28年7月22日板橋区文化財保護審議会が「板橋火薬製造所・火薬研究所跡」を区記念物(史跡)として登録すべきであると答申した。平成29年10月13日に国史跡「陸軍板橋火薬製造所跡」として指定されたため、国指定の名称に統一し、「陸軍板橋火薬製造所跡」として区記念物に登録する。

 

所在地

 加賀一丁目7番及び8番

所有者

  板橋区土地開発公社、財務省、東京都

区分

  記念物(史跡)

登録日

  平成30年3月29日

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
教育委員会事務局 生涯学習課
電話番号:03-3579-2633 FAX番号:03-3579-2635

このページのトップへ戻る

トップページ >  文化・観光・施設・公園 >  文化財 >  陸軍板橋火薬製造所跡
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.