本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  こんにちは、区長です >  スナップフォト >  「東武東上線大山駅付近立体化促進大会」を開催

公開日:平成30年5月31日
最終更新日:平成30年5月31日

 東武東上線大山駅付近の鉄道立体化の早期実現と駅周辺の整備の推進を目的に、「東武東上線大山駅付近立体化促進大会」が28日(金)、区立文化会館小ホールにて開催されました。

 大山駅周辺地区は、東武東上線大山駅を中心に、活気とにぎわいのある商店街が広がり、病院・文化会館などの公共公益施設が多数立地するなど、利便性が高く非常に魅力のある地区です。その一方で、地区内のすべての踏切は、ピーク時一時間あたりの遮断時間が40分以上のいわゆる「開かずの踏切」であり、これらの踏切は、交通渋滞の発生や踏切事故の危険性、市街地の分断など、まちの魅力低下の一因となっています。

 東京都により検討が進められている大山駅付近の連続立体交差事業は、多数の踏切を同時に除却することによって、これらの課題を一挙に解消するとともに、道路ネットワークが形成されることによる交通利便性や防災性の向上など、地域の活性化に資する非常に効果の高い事業であり、本年4月には国土交通省により着工準備採択を受け、その実現に向け、地域の期待も高まっています。また、板橋区においては事業の実現を見据え、本年3月に「大山駅の駅前広場構想」を策定するなど、駅周辺のまちづくりに関する取り組みを進めています。本大会は、立体化の早期実現に向けて、区民、区議会、区が一体となり結成された「東武東上線大山駅付近立体化促進協議会」が、その機運をより一層高めるために開催したものです。

 28日の午後2時、区立文化会館小ホールにおいて、松野副会長(大山町会会長)の開会宣言で「東武東上線大山駅付近立体化促進大会」がスタートしました。その後、協議会の活動方針や大山駅周辺のまちづくりの状況などについて説明があり、参加者は立体化に向け一致団結し閉会しました。今後も区民、区議会と一丸となり、大山駅周辺地区の総合的なまちづくりの推進に向けて取り組んでいきます。

開会宣言

開会宣言
(画像クリックで拡大451KB)

区長あいさつ

区長あいさつ
(画像クリックで拡大547KB)

大会の様子

大会の様子
(画像クリックで拡大520KB)

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  こんにちは、区長です >  スナップフォト >  「東武東上線大山駅付近立体化促進大会」を開催
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.