本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  こんにちは、区長です >  区長からのメッセージ >  平成31年 新年賀詞交歓会挨拶(要旨)

公開日:平成31年1月7日
最終更新日:平成31年1月7日

板橋区長 坂本 健

板橋区長 坂本 健

平成31年 新年賀詞交歓会あいさつ

 皆様、明けましておめでとうございます。

 平成31年の新しい年を迎え、ご参会の皆様と56万区民の皆様に、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

 区長に就任して以来、これまで3期12年間にわたり、「もてなしの心」を信条として「あたたかい人づくり、やさしい区政の実現」に向け、全力で取り組んでまいりました。おかげをもちまして、区政は着実に前進し続けています。

 これも、ひとえに、区民の皆様をはじめ関係各位のご理解とご支援の賜物であります。誠にありがとうございます。

 

 さて、昨年は「いたばしNo.1実現プラン2018」を締めくくる集大成の年であると同時に、「板橋区基本計画2025」の到達点を見据え、次期アクションプランである「No.1プラン2021」の策定に着手し、区の持続的な成長と発展を着実なものとするべく、全力を傾注してまいりました。

 本年も基本構想に掲げる将来像「未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち“板橋”」をめざし、邁進していく所存ですので、皆様方のあたたかいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

 さて、昨年の区政を振り返ってみますと、1月に、約300年前の江戸時代中期に建てられた「旧粕谷家住宅」を、創建時の姿へと復元する工事が完了しました。この過程で、享保8年、西暦で言うと1723年の建立(こんりゅう)を示す墨書(ぼくしょ)が発見されたことで、旧粕谷家住宅は全国的にも古く貴重な文化財であることが判明し、3月には東京都の指定有形文化財に指定されました。今後もその価値を損なうことのないよう維持・保存し、その歴史的価値の周知・理解を促し、地域の歴史を知る生きた学びの場として、継承してまいります。

 

 3月には、従来の観光ガイドブックとは一線を画した観光冊子「板橋マニア」を発行、10月には観光アプリ「ITA-マニア」をリリースしました。「板橋マニア」は、例えば「暗渠(あんきょ)」という、人の手によって地下に追いやられ、見えなくなった川や水路に着目するなど、区民の皆様にもあまり知られていない隠れた魅力的なテーマやスポットなどをとりまとめており、区外からの観光客はもちろん、多くの方々に“板橋”を新しい視点で再発見することができるものとなっています。

 「ITA-マニア」は、スマートフォンなどを使って、区内のおすすめスポットやグルメ情報の検索、散策ルートの自動作成など、先端技術を活用した観光体験など、歩くこと自体を楽しめるものとなっています。こうした観光冊子や観光アプリを通じて、区を訪れる誰もが板橋の魅力を共有し、発信できる環境づくりに取り組んでまいります。

 

 5月には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、イタリアオリンピック委員会と協定を締結し、小豆沢体育館をイタリアバレーボールチームの大会中のトレーニング会場として使用することが決まりました。区の友好都市であるイタリア・ボローニャ市と長きに亘り積み重ねて育んできた交流が実を結ぶこととなりました。区内には競技会場こそありませんが、区民の皆様がより身近に大会を感じられるよう、まち全体の機運醸成に努めてまいります。

 

 9月には、「地方版図柄入りナンバープレート」制度による板橋ナンバーの導入に向け、区民投票を実施し、図柄案を決定しました。図柄案は、クルーズトレイン「ななつ星in九州」などのデザインで全国的に有名な、区内在住の水戸岡鋭治氏によって制作されたものです。今後、国土交通省に図柄案を提案・調整するとともに、区民の皆様への周知を図り、板橋ブランド浸透の大きな契機として発信してまいります。

 

 10月には、ユニセフ事務局長が赤塚第二中学校を訪れ、全国に先駆けて行われた、SDGs(エスディージーズ)に関する教材を活用した授業を視察されました。SDGsとは、「持続可能な開発目標」という意味で、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに達成すべき国際目標のことです。貧困、経済成長、気候変動など世界が抱える課題に対応し、17の目標が定められています。

 区は平成5年に「エコポリス板橋」環境都市宣言を行って以来、先進自治体として環境政策に力を入れてまいりました。こうした取り組みが環境省に評価され、12月にポーランドで開催された気候変動枠組条約に関する国際会議、COP24に日本の代表として参加し、熱帯環境植物館の活動や緑のカーテン、マレーシアとの連携事例など、区の低炭素化に向けた取り組みを紹介してまいりました。今後も、環境、教育をはじめ、まちづくりなど、様々な分野で連携し、持続可能な社会を実現してまいります。

 

 以上、昨年の区政を振り返り、特徴的な出来事をご紹介いたしました。

このページのトップへ戻る

 さて、我が国の経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、緩やかな回復基調が続いています。

 区の財政は、若い世代の転入など納税義務者の増加による特別区民税の増収が見込まれている一方、ふるさと納税の影響による減収のほか、法人住民税の一部国税化や地方消費税の配分基準の見直し等により、貴重な財源が国に奪われ続ける現状に加え、幼児教育の無償化などの動向を踏まえると、楽観視できる財政状況にはありません。

 こうした状況のもと、本年、新たに策定する「No.1プラン2021」の「経営革新計画」では、行政サービスの量よりも質に着目した選択と集中により、最適な水準を見極めるなど、区の財務体質を改善し、限られた経営資源の有効活用により、持続可能な区政運営をめざしてまいります。

 

 以上を踏まえ、年頭にあたりまして、ただ今検討している来年度の事務事業の一端を、基本計画2025に掲げる3つの基本目標に沿って紹介させていただきます。

 

 一つめの基本目標である「未来をはぐくむあたたかいまち」に向けては、児童相談所と子ども家庭支援センターの機能を併せ持つ「(仮称)板橋区子ども家庭総合支援センター」について、昨年定めた基本計画に基づき、施設整備を着実に進めるとともに、シンポジウム等の開催を通じて理解を深め、地域に根付いた施設となるよう、準備を進めてまいります。

 中央図書館については、いよいよ平和公園内への移転改築に向け、工事に着手します。館内には「(仮称)ボローニャギャラリー」を設置し、板橋区とボローニャ市との友好のシンボルとして、ボローニャ関連の絵本や文化を伝える展示を行います。こうした取り組みを通じ、「絵本のまち板橋」がより広く認知され、身近で絵本に親しめる環境を充実させていきます。

 

 二つめの基本目標である「いきいきかがやく元気なまち」においては、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、先ほどもご紹介したイタリアバレーボールチームの受け入れ準備を進めるほか、様々な機会を捉え、大会を盛り上げるための機運醸成を図ってまいります。

 板橋区立美術館は、今年の夏にリニューアルオープンを迎えますが、国宝や重要文化財の公開許可を国から受けられるよう、展示ケースなどハード面を更新することで、企画展示のさらなる充実を図るとともに、コミュニティスペースの新設などにより、一層地域に親しまれる美術館をめざしてまいります。

 

 三つめの基本目標である「安心・安全で快適な緑のまち」に向けた、東武東上線連続立体交差事業については、将来的な全線立体化も見据えつつ、今年は大山駅付近の都市計画決定をめざすなど、事業を推進してまいります。

 また、大山駅周辺、板橋駅西口周辺、上板橋駅南口周辺において、駅を中心に、都市基盤の整備を進め、災害に強く、にぎわいのあるまちづくりを着実に進めてまいります。

 

 最後に、「計画を推進する区政経営」においては、かねてよりご要望いただいていた区設掲示板の補修事業を、昨年の補正予算により前倒しで実施を始めているところです。区政と区民の皆様を繋ぐ大切な情報のプラットフォームとして、早期にすべての掲示板の改修が完了するよう、着実に取り組んでまいります。

 

 以上、新年度の取り組みの一端を披露させていただきました。

 

 本年も、『東京で一番住みたくなるまち』と評価されるまちの実現に向け、区政の陣頭指揮を執ってまいりますので、区民の皆様のより一層のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

 結びに、本日ご参会の皆様、並びに、全ての区民の皆様のご健勝とご活躍を心から祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

ありがとうございました。 

 

 平成31年1月

 板橋区長 坂本 健

 (平成31年1月5日 賀詞交歓会 挨拶要旨)

坂本区長あいさつ

坂本区長あいさつ
(画像クリックで拡大4924KB)

催しの様子

催しの様子
(画像クリックで拡大5095KB)

催しの様子

催しの様子
(画像クリックで拡大4846KB)

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 政策企画課
電話番号:03-3579-2011 FAX番号:03-3579-4211

このページのトップへ戻る

トップページ >  こんにちは、区長です >  区長からのメッセージ >  平成31年 新年賀詞交歓会挨拶(要旨)
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.