本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成31年2月9日号) 1面

公開日:平成31年2月9日
最終更新日:平成31年2月9日

あなたの「こころの健康」をサポートします

気づいてください こころと体の限界サイン

 こころの病気は、体の病気と同じように、誰でもかかる可能性があります。早期発見・対応するために、理解を深めましょう。

問い合わせ

  • 各健康福祉センター(3面「健康ガイド」参照)
  • 予防対策課管理・精神難病グループ 電話番号3579-2329

こころの病気とは

 精神・体の働きが不安定になり、日常生活に支障が出てしまう病気のことで、うつ病・パニック障害・睡眠障害などがあります。強いストレスを受け続けていたり、深刻な悩みを抱えたままにしていたりすると、こころ・体に大きな負担がかかり、調子を崩してしまいます。ストレス解消法を見つけるなどして、病気を予防しましょう。

こころの健康を保つために

生活習慣を整える

 バランスのとれた食事・良質な睡眠・適度な運動を維持することが、健康の基礎になります。また、自分のストレスサインに気づき、早めにセルフケア(十分に休息をとる・気分転換をするなど)を行うことで、ストレスをためないようにしましょう。

頭を柔らかく

 物事がうまくいかないとき、悪い点ばかりに目が行きがちですが、良い点に目を向けてみるだけで、気持ちが楽になることがあります。考え方・見方を変えてみることも大切です。

困ったときは一人で抱え込まない

 家族・友人などに話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になることがあります。話すことで解決の糸口が見えたり、相談に乗ってもらえた安心感で気持ちが落ち着いたりします。

周りに悩んでいる方はいませんか

 こころの不調・病気は、自分では気づきにくく、不調に気づいても、病気には気づいていないことがあります。また、心配をかけたくないと、誰にも相談できず、ひとりで悩んでいることがあります。身近な人の様子がいつもと違うと感じたら、様子を尋ねてみてください。

悩んだときはすぐ相談を

 こころの不調やストレス症状が長く続く・日常生活に支障が出る場合は、早めに専門機関に相談し、診察を受けましょう。医師・カウンセラーなどの専門家や職場の健康管理センター、区の健康福祉センターなどが相談を受け付けています。また、家族・身近な人が相談してアドバイスを受け、対応することも大切です。

健康福祉センターのうつ相談(精神科医)

とき・ところ

  • 3月4日月曜・22日金曜…高島平健康福祉センター
  • 3月4日月曜・28日木曜…赤塚健康福祉センター
  • 3月5日火曜・25日月曜…志村健康福祉センター
  • 3月6日水曜・20日水曜…板橋健康福祉センター
  • 3月13日水曜…上板橋健康福祉センター

※予約制・1人45分程度

対象 うつの症状がみられる方またはその家族

定員 各日3人(申し込み順)

費用 無料

申し込み 電話で、各健康福祉センター

※保健師への相談は、随時受け付けています。

こんな状況が続いていませんか うつ病のサインをチェックしましょう

自分が気づく変化

  • 悲しい気分・憂うつな気分・沈んだ気分
  • 何事にも興味がわかず、楽しくない
  • 疲れやすく、元気がない(だるい)
  • 気力・意欲・集中力の低下を自覚する(おっくう)
  • 寝つきが悪く、朝早く目がさめる
  • 食欲がない
  • 人に会いたくない
  • 夕方より朝の方が気分・体調が悪い
  • 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
  • 失敗・悲しみ・失望から立ち直れない
  • 自分を責め、自分は価値がないと感じる

周囲が気づく変化

  • 以前と比べて表情が暗く、元気がない
  • 体調不良の訴え(体の痛み・けんたいかん)が多い
  • 仕事・家事の能率が低下し、ミスが多い
  • 周囲との交流を避けている
  • 遅刻・早退・欠勤(欠席)が多い
  • 趣味・スポーツ・外出をしなくなった
  • 飲酒量が増えている

このページのトップへ戻る

3月は自殺対策強化月間 ひとりで悩まず相談を

 自殺の多くは、深刻な問題(心身の病気・失業・債務・人間関係などの悩み)をいくつも抱えたうえでの「追い込まれた末の死」と言われています。都では、自殺対策強化月間に合わせ、特別電話相談を行います。この機会にぜひ、ご相談ください。

特別電話相談

電話相談・とき

  • 東京都自殺相談ダイヤル「こころといのちのほっとライン」電話番号0570-087478…3月25日月曜から29日金曜(24時間)
  • 自殺予防いのちの電話 電話番号0120-783-556…3月10日日曜朝8時から11日月曜朝8時
  • フリーダイヤル特別相談 電話番号0120-58-9090…3月2日土曜0時から4日月曜朝5時30分
  • 自死遺族傾聴電話 電話番号3796-5453…3月12日火曜から15日金曜、10時から22時
  • 自死遺族のための電話相談 電話番号3261-4350…3月21日祝日から23日土曜、11時から19時
  • 多重債務110番 電話番号3235-1155…3月4日月曜・5日火曜、9時から17時
  • 有終支援いのちの山彦電話(傾聴電話)電話番号3842-5311…3月1日金曜から31日日曜、12時から20時(金曜は22時まで)

板橋こころと生活の相談窓口

 区では、相談窓口・専門機関などを紹介する「板橋こころと生活の相談窓口」を作成し、板橋区保健所・各健康福祉センター・区ホームページで配布しています。

こころといのちの講演会「笑医で自殺を予防しよう」

とき 3月8日金曜15時から17時

ところ 都民ホール(新宿区西新宿2-8-1)

講師 笑医塾塾長 高柳和江

※申し込み方法など詳しくは、東京都福祉保健局ホームページをご覧ください。

《いずれも》

問い合わせ 板橋区予防対策課管理・精神難病グループ 電話番号3579-2329

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

■このページについてのお問い合わせ■
政策経営部広聴広報課広報グループ
電話:03-3579-2022 FAX:03-3579-2028
Eメール:sk-koho@city.itabashi.tokyo.jp

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成31年2月9日号) 1面
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.