本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成31年3月16日号) 1面

公開日:平成31年3月16日
最終更新日:平成31年3月16日

正しい知識で認知症予防

 身近な病気なのに、知っているようで知らない認知症。正しい知識を身に付け、認知症の方や家族を含む全ての方が暮らしやすい地域を作りましょう。

問い合わせ おとしより保健福祉センター認知症施策推進係 電話番号5970-1121

認知症ってどんな病気

 認知症は、様々な原因で脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪くなったりすることで、認知機能(記憶する・言葉を使う・計算するなどの頭の働き)が低下し、生活に支障が現れる状態を言います。

認知症は身近な病気

 認知症は、誰でもかかる可能性がある病気です。国の試算では、65歳以上の約4人に1人が認知症またはその予備軍であると言われています。また、認知症は高齢の方だけがかかる病気ではありません。65歳未満で発症する若年性認知症の方は、都内に約4000人と推計されています。

認知症に早く気づいて相談することが大事

 認知症は、他の病気と同じように、早期診断・治療が大切です。症状が軽いうちに、本人・家族が認知症への理解を深め、病気と向き合うことで、今後の生活に備えることができます。また、早期に治療すれば症状が改善する場合があります。認知症が心配になったら、おとしより相談センター(地域包括支援センター)・かかりつけ医に相談しましょう。

認知症を予防しましょう

 生活習慣病(高血圧症・脂質異常症・糖尿病・心臓病など)を予防することは、認知症の予防にもつながります。

  • 食生活に気をつけましょう…塩分は控えめ・お酒をほどほどにして、バランスのよい食事を心がけましょう
  • 適度な運動をしましょう…ウオーキング・体操などの運動を継続的に行いましょう
  • 生活を楽しみましょう…本を読んだり趣味に取り組んだりして、生活を楽しみましょう
  • 人と積極的に交流しましょう…地域の活動や、区が開催する介護予防教室などに参加してみましょう

認知症の方が安心して暮らせるために

 認知症の方が、住み慣れた場所で自分らしく暮らし続けられるためには、周りの方が正しい知識を持ち、優しい気持ちで接することが大切です。

本人の気持ちを理解しましょう

 認知症の方がごはんを食べたことを忘れて何度も「ごはんまだ」と尋ねるのは、記憶障害による不安を和らげようとしているのかもしれません。そのような場合、「何回も同じこと聞かないで」と怒ってしまうと、ますます不安をあおってしまいます。認知症の方が不安を感じながら生活していることを理解して接しましょう。

本人の尊厳を大事にしましょう

 認知症になっても全てのことができなくなるわけではありません。本人の尊厳を大切にして、できることをいかしながら、さりげなく手助けしましょう。例えば、長年料理をしてきた方に危ないからといって料理をさせないようにするのではなく、材料を切る・料理を盛り付けるなど、本人ができることをしてもらいましょう。

このページのトップへ戻る

自分でできる認知症の気づきチェックリストで確認してみましょう

チェック項目

財布や鍵など、物を置いた場所がわからなくなることがありますか

まったくない…1点・ときどきある…2点・頻繁にある…3点・いつもそうだ…4点

5分前に聞いた話を思い出せないことがありますか

まったくない…1点・ときどきある…2点・頻繁にある…3点・いつもそうだ…4点

周りの人から「いつも同じ事を聞く」などのもの忘れがあると言われますか

まったくない…1点・ときどきある…2点・頻繁にある…3点・いつもそうだ…4点

今日が何月何日かわからないときがありますか

まったくない…1点・ときどきある…2点・頻繁にある…3点・いつもそうだ…4点

言おうとしている言葉が、すぐに出てこないことがありますか

まったくない…1点・ときどきある…2点・頻繁にある…3点・いつもそうだ…4点

貯金の出し入れや、家賃や公共料金の支払いは1人でできますか

問題なくできる…1点・だいたいできる…2点・あまりできない…3点・できない…4点

1人で買い物に行けますか

問題なくできる…1点・だいたいできる…2点・あまりできない…3点・できない…4点

バスや電車、自家用車などを使って1人で外出できますか

問題なくできる…1点・だいたいできる…2点・あまりできない…3点・できない…4点

自分で掃除機やほうきを使って掃除ができますか

問題なくできる…1点・だいたいできる…2点・あまりできない…3点・できない…4点

電話番号を調べて、電話をかけることができますか

問題なくできる…1点・だいたいできる…2点・あまりできない…3点・できない…4点

※合計点を算出し、20点以上の場合は、認知機能や社会生活に支障が出ている可能性があります。近くの医療機関・相談機関に相談してみましょう。

※このチェックリストの結果は、あくまでもおおよその目安で、医学的診断に代わるものではありません。認知症の診断には、医療機関での受診が必要です。

※身体機能が低下している場合は、点数が高くなる場合があります。

〈出典:東京都福祉保健局「知って安心認知症」(平成30年12月発行)〉

認知症の方や家族が安心して過ごせる場所「認知症カフェ」をご利用ください

 認知症カフェは、認知症の不安や介護の相談ができるなど、認知症の方・家族、地域の方、介護・医療の専門職の方が立場を超えて出会い、一緒に学び合う場です。会場など詳しくは、区ホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

参加者の声

  • 家に1人でいることが多かったが、外出するきっかけになった
  • 認知症について知っているつもりだったが、ためになる話がたくさん聞けて勉強になった
  • 介護の辛さなどを構えずに話せるので、心の安定につながった

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

■このページについてのお問い合わせ■
政策経営部広聴広報課広報グループ
電話:03-3579-2022 FAX:03-3579-2028
Eメール:sk-koho@city.itabashi.tokyo.jp

このページのトップへ戻る

トップページ >  区政情報・地域コミュニティ >  庁議・例規・要綱・人事・広報・刊行物・公文書等資料 >  広報いたばし >  広報いたばし◆テキスト版(平成31年3月16日号) 1面
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.