本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  手続・届出・電子申請 >  戸籍・住民票・税金・保険などのくらしの手続き >  証明書発行ほか >  住民票とマイナンバーカードへの旧氏(きゅううじ)記載

公開日:令和元年10月19日
最終更新日:令和元年10月21日

令和元年11月5日(火)から請求の受付けを開始します

令和元年11月5日(火)から、住民票に旧氏(旧姓)を記載するための請求手続きをするこ

とで、住民票とマイナンバーカードに旧氏(旧姓)を併記することができるようになります。

旧氏(きゅううじ)とは?

・「旧氏(きゅううじ)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

・旧氏を初めて記載する場合は、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から、1つ
を選んで記載することができます。

住民票に旧氏(旧姓)を記載するためには、受付窓口での請求が必要となります。

 

旧氏が記載される書類等について

マイナンバーカード(又は通知カード)

住民票の写し等に、記載されている旧氏を非表示にすることはできません。

  住民票では、旧氏は氏名と併せて公証されているものであることから、旧氏または氏の一方

のみを表示することはできません。住民票の写し、印鑑登録証明書、住民票記載事項証明書等にも

現在の戸籍上の氏と旧氏の両方が必ず記載されます。

区外へ引っ越しをした場合も、住民票に記載した旧氏は引き継がれます。

印鑑登録について

住民票に旧氏を記載した方は、旧氏の文字を表した印鑑で印鑑登録をすることができます。

  ※ただし、契約等の際にその印鑑が使用できることを保証するものではありません。

  必ず書類の提出先へご確認ください。

区が発行する書類等や通知のあて先について

区が発行する書類等や通知のあて先は、原則として戸籍の氏が記載されます。

  区の窓口で行う申請や届出が旧氏でできるかについては、各窓口へ直接お問い合わせください。

  (法令等で戸籍の氏の記載が定められているものもあります。)

記載した旧氏の変更と削除

記載した旧氏を削除することは可能ですが、再記載には一定の条件があります。

 旧氏が不要となった場合は、記載した旧氏を削除することができます。

 ただし、旧氏を削除した場合には、その後、氏が変更したときに限り、削除後に新たに生じた

旧氏の1つを選んで再び記載することができます。

記載されている旧氏は、結婚などで氏が変わった場合も引き続き記載され続けます。

 請求に基づき、記載する旧氏を、「氏の変更の直前に戸籍に記載されていた氏」に変更が可

能です。

旧氏を記載した後に氏が変更されて、氏と旧氏が同一になった場合は旧氏削除の請求が必要です。

請求時には戸籍謄本等のご提出が必要になります

記載をしたい旧氏が記載されている戸籍謄本等から、現在の戸籍に繋がる全ての戸籍謄本等が必要です。

 各戸籍謄本等の本籍地にて取得していただく必要があります。

 本籍地が板橋区の場合は、こちらのページをご覧ください。 

 ※記載をしたい旧氏が記載されている戸籍謄本等から、現在の戸籍に至るまでの間に、

 「何回か氏の変更がある」場合や「転籍等をしている」場合は、複数の戸籍謄本等のご提出が必要になる

 場合があります。お電話で事前にご相談いただいた場合でも、実際に書類を拝見し不足がある場合は、

 再度お手続きにお越しいただくこととなりますので、あらかじめご了承ください。

受理証明書では受け付けることができません。

 請求には、「戸籍謄本等の提出が必要」とされています。受理証明書での受付はできないため、

 婚姻届出等と同時に請求をすることはできません。

このページのトップへ戻る

請求方法と受付窓口

必要書類を事前にご確認のうえ受付窓口までお越しください。

郵送での受付はしておりません。

請求できる方

 [1]本人又は本人と同世帯に属する者

 ※ただし、本人が15歳未満の場合は法定代理人による請求が必要です。

 [2]本人からの委任状を持参した代理人

 

請求に必要なもの

 [1]旧氏(記載・削除・変更・再記載)請求書
  …窓口にて旧氏(記載・削除・変更・再記載)請求書をご記入いただくか、

      こちらからあらかじめ出力したものにご記入ください。

   この請求書には、必要事項を正確にご記入いただきます。
 [2]窓口に来た方の本人確認できる書類

  …詳しくはこちらをご覧ください。

 [3]旧氏が記載されている戸籍謄本等

      …住民票等に記載をしたい旧氏が記載されている戸籍謄本等から、現在の戸籍に繋がる

  「全て」の戸籍謄本等。

  ※現在の戸籍謄本等は、発行から3か月以内のものをご用意ください。

  ※本籍地が板橋区の場合も、戸籍謄本等のご提出が必要です。

  ※ご提出いただいた戸籍謄本等は、還付をすることができません。
 [4]マイナンバーカード(又は通知カード)

 [5]代理人の場合は、委任状が必要です。

受付窓口

本庁舎1階 戸籍住民課受付

 平日(祝祭日、年末年始を除く月曜日から金曜日)の午前8時30分から午後5時まで

 夜間サービス 毎週火曜日(祝日を除く)は午後7時まで

 休日サービス 毎月第二日曜日の午前9時から午後5時まで


お近くの区民事務所

 平日(祝祭日、年末年始を除く月曜日から金曜日)の午前8時30分から午後5時まで

 

お問い合わせ先

 戸籍住民課住民異動係(電話番号03-3579-2205)

このページのトップへ戻る

添付ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Readerをお持ちでない方は、Adobe社のサイトよりダウンロードしてください。

関連リンク

※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
区民文化部 戸籍住民課
電話番号:03-3579-2201 

このページのトップへ戻る

トップページ >  手続・届出・電子申請 >  戸籍・住民票・税金・保険などのくらしの手続き >  証明書発行ほか >  住民票とマイナンバーカードへの旧氏(きゅううじ)記載
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.