本文へ

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  板橋区議会 >  意見書・決議・要望書 >  令和元年第3回定例会で可決された意見書   

公開日:令和元年10月11日
最終更新日:令和元年10月15日

選択的夫婦別姓制度について国会審議を求める意見書

 

 最高裁判所は平成2712月、夫婦同姓規定自体は合憲と判断したが、同時に選択的夫婦別姓制度について「合理性がないと断ずるものではない」と言及し、制度のあり方については、「国会で論じられ、判断されるべき」とした。

 それからまもなく4年となるが、夫婦の姓をめぐる環境は、さらに大きく変化している。

 平均初婚年齢は年々上がり、現在30歳前後である。男女ともに生まれ持った氏名で信用・実績・資産を築いてから初婚を迎えるケースが多いため、改姓時に必要な事務手続きは確実に増えており、戸籍姓でのキャリア継続を望むゆえに事実婚を選ぶ夫婦も少なくない。

 国民の間には、選択的夫婦別姓制度の導入により、改姓による不利益を案ずることなく、結婚・出産し、老後も法的な家族として支え合える社会を実現することは、少子化対策や女性活躍の推進となるとの意見がある一方で、家族という集団の氏が消滅するなど社会的影響も懸念されるとの意見もあり、様々な意見が存在している。

 平成2912月に内閣府が実施した家族の法制に関する世論調査では、「夫婦は必ず同じ名字(姓)を名乗るべきであり、現在の法律を改める必要はない」とする答えが29.3%、「夫婦がそれぞれ婚姻前の名字(姓)を名乗ることができるように法律を改めてもかまわない」とする答えが42.5%、「夫婦は必ず同じ名字(姓)を名乗るべきだが、婚姻によって名字(姓)を改めた人が婚姻前の名字(姓)を通称としてどこでも使えるように法律を改めることについては、かまわない」とする答えが24.4%となるなど選択的夫婦別姓制度に対する国民の意識は変わってきている。

 よって、板橋区議会は国会及び政府に対し、選択的夫婦別姓制度について国会において審議するよう求める。

 

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

 令和元年10月11日

                                      板橋区議会議長名      

 

衆議院議長

参議院議長

内閣総理大臣

総務大臣

法務大臣 宛

 

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
区議会事務局
電話番号:03-3579-2704 FAX番号:03-3579-2780

このページのトップへ戻る

トップページ >  板橋区議会 >  意見書・決議・要望書 >  令和元年第3回定例会で可決された意見書   
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.