本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成29年5月の報道発表資料 >  ちびっ子が武将に変身 郷土資料館で鎧の着付け体験!

公開日:平成29年5月5日
最終更新日:平成29年6月12日

平成29年5月5日報道発表

 端午の節句の5月5日(木・祝)、区立郷土資料館(板橋区赤塚五丁目35番25号)で「鎧の着付け体験」が行われ、多くの親子連れでにぎわった。

鎧の着付け体験は、郷土資料館内に移築されている萱葺き(かやぶき)屋根の古民家の前で行われた。古民家では、明治初期から昭和はじめにかけて、近隣の農家などで実際に飾られていた武者人形・鎧兜などを展示する 「端午の節句展」が開催されており、着付け体験はこの展示の期間中のイベントとして毎年恒例となっている。

 着付け体験に使われる鎧兜は、大人用と小中学生用と幼児用の3種類が用意され、今回は「紙鎧」を着用。紙鎧は、郷土資料館の職員やボランティアが毎年少しずつ作製したもので、一つ作るのに2~3カ月を要しています。材料は、カバンの芯材等に使用されるボンテックスが使われており、赤・黄・緑色などの威紐(おどしひも)で彩りを添えています。

 午前10時00分、郷土資料館で受付を済ませた参加者は、職員やボランティア約10名に手伝われて鎧の着付けに挑戦。10分ほどで武士の姿に変身した参加者たちは、手作りとは思えないクオリティの甲冑に驚き、古民家や鯉のぼりを背景に思い思いのポーズを決め、記念撮影をしていた。

 この日参加した親子は「はじめて来ましたが、こんなに立派な鎧だと思いませんでした。子どもたちの良い記念になります」、「はい、ポーズ決めて、ポーズ、ポーズ」などと口々に話し、鎧の着付けを楽しんでいた。

 また、人斬り二番隊長高島クマゴロウと記念写真をとる子や泣き出したり、刀を抜く真似をする子、子どもよりはりきっているお父さん、お母さんなど、たくさんの親子が、こどもの日のひとときを鎧の着付け体験で楽しんでいた。

クマゴロウと

クマゴロウと
(画像クリックで拡大472KB)

どう決まってる

どう決まってる
(画像クリックで拡大303KB)

鯉のぼりはしっかりもってます

鯉のぼりはしっかりもってます
(画像クリックで拡大344KB)

会場の様子[1]

会場の様子[1]
(画像クリックで拡大392KB)

このページのトップへ戻る

かわいくポーズ

かわいくポーズ
(画像クリックで拡大415KB)

刀を抜きます

刀を抜きます
(画像クリックで拡大365KB)

横向きでポーズ

横向きでポーズ
(画像クリックで拡大318KB)

会場の様子[2]

会場の様子[2]
(画像クリックで拡大505KB)

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成29年5月の報道発表資料 >  ちびっ子が武将に変身 郷土資料館で鎧の着付け体験!
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.