本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成29年8月の報道発表資料 >  花火大会の守り神“伝統のてるてる坊主”が登場!

公開日:平成29年8月3日
最終更新日:平成29年8月3日

平成29年8月3日報道発表

 都内最大の“尺五寸玉”の打ち上げや、関東最長級700メートルの“大ナイアガラの滝”などが人気の「第58回いたばし花火大会」が8月5日(土)、板橋区と埼玉県戸田市との境を流れる荒川戸田橋上流板橋側河川敷で開催される。

 

その準備が着々と進められている中、大会を3日後に控えた2日(水)、平成18年開催の「第48回いたばし花火大会」から大会の担当者に受け継がれてきた伝統の“てるてる坊主”が、今年も晴天の祈りを込めて花火大会の会場(荒川戸田橋上流板橋側河川敷)にさげられた。

 

 板橋区の花火大会は、荒川をはさんで対岸の戸田市と都県境変更を行ったことを記念して昭和27年(途中、交通事情の悪化により数回中止)より同時に開催し、板橋区では今年で58回目を迎える。この間、何度か荒天により順延したこともあるが、平成3年の第33回大会以来、近年花火大会の担当者の頭を悩ませている“ゲリラ豪雨”にもあたることなく、20年以上も好天に恵まれている。

 今回用意された“てるてる坊主”は、11年前当時の担当が好天と安全な運営を祈って手作りしたもので、以来縁起をかついで引き継がれてきた。その年の担当者の思いやお礼の言葉も書き入れられている。てるてる坊主の登場を見守った板橋区産業経済部くらしと観光課の職員は「この“てるてる坊主”を吊るすと、不思議と全ての不安が消えてなくなる。今年も、そしてこれからも花火大会を見守ってくれると信じています」と花火大会の成功への思いを口にしていた。

花火担当の想いが詰まった”てるてる坊主”

花火担当の想いが詰まった”てるてる坊主”
(画像クリックで拡大480KB)

くらしと観光課職員全員で祈願

くらしと観光課職員全員で祈願
(画像クリックで拡大563KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

くらしと観光課 電話:3579-2251

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成29年8月の報道発表資料 >  花火大会の守り神“伝統のてるてる坊主”が登場!
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.