本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年3月の報道発表資料 >  赤塚梅まつりを開催!

公開日:平成30年3月5日
最終更新日:平成30年3月5日

平成30年3月5日報道発表

好天に恵まれ誇らしく咲く梅

好天に恵まれ誇らしく咲く梅
(画像クリックで拡大3780KB)

輝かしく咲き誇る梅

輝かしく咲き誇る梅
(画像クリックで拡大4211KB)

武者行列の様子

武者行列の様子
(画像クリックで拡大4405KB)

香りも麗しい梅

香りも麗しい梅
(画像クリックで拡大2787KB)

 武蔵野の面影を残す約7,800平方メートルの区立赤塚溜池公園(赤塚五丁目)で、紅梅・白梅など約200本の梅が見ごろを迎えており、青空の広がる絶好の梅見日和のなか、今年で34回目となる「赤塚梅まつり」が開催されている。散歩がてら梅を見に訪れた人や、シートを広げてお弁当を食べながら梅見を楽しむ家族連れなど多くの人で賑わい、ひとあし早い春の訪れを感じていた。4日(日)まで。

毎年見事な梅を咲かせるため、区内の人気梅見スポットになっている区立赤塚溜池公園は、ここのところの暖かさも影響し、約200本の梅が満開を迎え、梅見には絶好のコンディション。同公園で開催される「赤塚梅まつり」も、満開の梅を見上げながら、美味しい食べ物に舌鼓を打ったり、様々な楽器の演奏に耳を傾けたりと、思い思いに梅を楽しむことが出来る人気イベントとなっている。

「赤塚梅まつり」は、昭和60年に始まり、今年で34回目を迎える。会場では様々なイベントが用意され、中でも手づくりの鎧兜を着た小学生や地域の人たちが戦国時代のワンシーンを再現する“赤塚城戦国絵巻武者行列”は大人気であった。これは、1456年に千葉実胤(ちばさねたね)が城主となり、千葉氏が一門に加わった北条氏の滅亡とともに1590年に廃城となったとされる「赤塚城」(現在は、23区内でも珍しい戦国時代の城跡「赤塚城址」として区民の憩いの場となっている)での出陣などの様子をわかりやすく再現することで、歴史・文化・自然に恵まれた赤塚地域をPRしていこうというもの。

 売店コーナーでは、交流都市である新潟県田上町の郷土品の販売などで賑わっていたほか、日本一の梅の産地としても知られる和歌山県みなべ町から紀州南高梅、障がい者団体による赤塚の地で取れた梅を使った梅製品(障がい者施設の自主生産品)の販売も行われ、五感で梅を楽しむ内容となっている。

その他にも、区内小中学校の児童・生徒によるお囃子演奏・吹奏楽演奏・大江戸ダンス演舞、地元の伝統芸能である赤塚諏訪神社獅子舞などが会場を盛り上げた。さらには各日先着1千人の来場者に甘酒が振る舞われるなど、一日では楽しみきれないほどのイベントが用意された。また、2日目の4日は、居合・十手術、西洋流火術鉄砲隊等による演武なども披露される予定。

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年3月の報道発表資料 >  赤塚梅まつりを開催!
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.