本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年4月の報道発表資料 >  留学生を対象とした防災訓練を開催!(大東文化大学)

公開日:平成30年4月6日
最終更新日:平成30年4月6日

平成30年4月6日報道発表

 4月6日(金)、板橋区と大東文化大学と志村消防署が協働で、外国人留学生に対して、防災教育・訓練や防災情報の提供を行い、地震などの災害に備えるよう訓練を実施した。この取り組みは、板橋区が掲げる「多文化共生まちづくり推進計画」の一つとして、板橋区の地域防災支援課と文化・国際交流課が企画したもの。防災訓練に通訳ボランティアを配置したり、パンフレットなどの広報物を多言語版で作成したりするなどの工夫をし、外国人が参加しやすいように支援している。

 

 6日、訓練を受けに集まったのは、大東文化大学で学ぶ留学生22名、そして(公財)板橋区文化・国際交流財団防災語学ボランティア4名。入学する留学生が板橋キャンパスを訪れる時期に合わせ、昨年度より4月と9月の年2回実施している。

 

 午後1時、大東文化大学板橋キャンパス内の広場で開会式を行い、開会式終了後は各班に分かれて基本的な応急手当体験や初期消火、また起震車といった大掛かりな装置を用いたものまで、様々な訓練を実施。特に試着体験ブースでは実際に火災現場で着用している防火服、酸素ボンベを試着することができ、試着体験をした留学生は「とても重くて、一人で立つのも大変。これを着て立ったり座ったり走ったりと、現場で活動をしていることはすごいと思った。」などの声があげられた。

 また、訓練を終えた留学生からは「自国にAEDが無いため、今回日本に来てAEDの使い方を勉強できてとても素晴らしい経験ができた。ぜひ今回の訓練で勉強したことを活かしてこれからの留学生活を送っていきたい。」との感想があった。

応急手当体験

応急手当体験
(画像クリックで拡大407KB)

防火服の試着

防火服の試着
(画像クリックで拡大396KB)

消火器を用いた消火訓練

消火器を用いた消火訓練
(画像クリックで拡大535KB)

起震車で地震の恐ろしさを体感

起震車で地震の恐ろしさを体感
(画像クリックで拡大385KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

文化・国際交流課 電話:03-3579-2018

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年4月の報道発表資料 >  留学生を対象とした防災訓練を開催!(大東文化大学)
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.