本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年6月の報道発表資料 >  農業体験農園で、親子じゃがいも収穫体験!

公開日:平成30年6月25日
最終更新日:平成30年6月25日

平成30年6月23日報道発表

おっきなじゃがいもゲット

おっきなじゃがいもゲット
(画像クリックで拡大305KB)

 じゃがいもが収穫の時期を迎える板橋区内の農業体験農園(板橋区赤塚5-22)で23日(土)、約500名の親子がじゃがいもの収穫を体験するイベントが開催された。

 参加対象は、区内在住・在学で、中学生以下の子どもとその保護者。参加者の中には、普段から土に触れる機会が少ない人も多く、例年、子どもたちは泥だらけになりながら、歓声をあげて収穫の喜びを味わっている。収穫されるじゃがいもは、今年3月中旬に地元の農家らの手によって植付けられた男爵薯(だんしゃくいも)。

 区では現在、個人が家庭菜園を楽しめる「区民農園」や、親子で土に親しみ収穫体験ができる「農業体験農園」、年間を通して農業の基礎作業や栽培技術を学ぶ「成増農業体験学校」を開設し、都市農業の活性化に取り組んでいる。その中でも「農業体験農園」は、区が農地を借りて整備し、夏と秋に収穫体験イベントを開催(各1回)することによって、普段農業に馴染みのない方でも気軽に農にふれるきっかけを提供しており、申込者は募集定員を上回る人気である。申込者1名あたり3株まで持ち帰りが可能(1株で1キログラム強の収穫が見込める)。

このページのトップへ戻る

 23日(土)、参加者は続々と農業体験農園に集合。持参した軍手を身に付けて、親子で協力して土をかきわけていくと、土の中から大小様々なじゃがいもが次々と顔を出し、中には直径10センチメートルもあるような “大物”を掘り上げる親子もいて、あちらこちらで歓声が上がっていた。子どもたちは泥んこになりながらも自分の手でじゃがいもを掘り出し、大きさを自慢しあったり、記念撮影をしたりなど、大汗をかきながら家族との楽しいひとときを過ごしていた。

 参加者は、持参した袋に大事そうにじゃがいもを入れ、ずっしりと詰まった袋を前に「大きなじゃがいもがたくさんとれてビックリ!」「揚げる、炒める、蒸す…いろんなじゃがいも料理が作れるね」など満足そうに話しながら会場を後にしていた。

じゃがいも掘り楽しいね

じゃがいも掘り楽しいね
(画像クリックで拡大338KB)

みんなで協力して収穫

みんなで協力して収穫
(画像クリックで拡大317KB)

ひとつひとつ丁寧に

ひとつひとつ丁寧に
(画像クリックで拡大335KB)

力を込めて引っ張るぞ

力を込めて引っ張るぞ
(画像クリックで拡大355KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

赤塚支所都市農業係 電話:03-3938-5114

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年6月の報道発表資料 >  農業体験農園で、親子じゃがいも収穫体験!
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.