本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年8月の報道発表資料 >  いたばし花火大会に向けて!地元の子どもたちが清掃でおもてなし

公開日:平成30年8月3日
最終更新日:平成30年8月3日

平成30年8月2日報道発表

 広い河川敷を生かした尺五寸玉や100発以上の尺玉の打ち上げ、総延長約700mの関東最長級の“大ナイアガラの滝”などが人気の「第59回いたばし花火大会」が8月4日(土)、板橋区と埼玉県戸田市との境を流れる荒川戸田橋上流板橋側河川敷で午後7時から開催される。

 これに先立ち、大会を2日後に控えた2日(木)、全国から訪れる大勢のお客様に、ごみのない美しい河川敷で気持よく花火を観覧してもらおうと、地元区立舟渡小学校の子ども達を中心に町会・企業等などが自主的に参加した“荒川土手クリーン作戦”が総勢170人(大人80人・小人90人)で行われた。

 「いたばし花火大会」は、昭和26年に第1回目の花火大会が開催され、今や、全国から毎年50万人以上のお客様が訪れる板橋区最大のイベントとなっている。

 2日の午前7時、3か所のスタート地点に集まった参加者は、ゴミ袋と軍手を受け取って、東西約2キロメートルにわたる河川敷内の会場の清掃がスタート。花火大会で観客席となる土手の“のり面”や通路を中心に、三方からローラー作戦的に移動しながら、子ども達は競い合うようにゴミを拾い集めていった。

開始から約1時間、ゴール地点には分別されたゴミ袋が山積みとなった。ごみ拾いを終えた子ども達は「河川敷はとても広かったけど、すごくきれいになったのでうれしい」、「小さなごみも見逃さずに拾うことができてよかった」などと話しながら、きれいになり、花火大会の“おもてなし”の準備が整った河川敷を満足そうに振り返っていた。

 回収されたごみは、草むらに隠れていた空き缶やペットボトル、お菓子の包装紙など、ゴミ袋(90リットル)で約6袋分。

 地元、舟渡町会の植草正勝(うえくさ・まさかつ)会長は、「いたばし花火大会は全国から多くの観客が集まる一大イベントである。会場が汚れていては、板橋区を訪れる方に、悪い印象を与えてしまう。花火以外の日に、またこの地域や板橋区を訪れてみたいと思われるよう、地元として恥ずかしくないおもてなしをしたい。」と話している。また、観客には「ごみの持ち帰りを呼びかけ、お互いに最後まで気持ちの良い花火大会にしていきたい」と付け加えた。

清掃活動の様子1

清掃活動の様子1
(画像クリックで拡大399KB)

清掃活動の様子2

清掃活動の様子2
(画像クリックで拡大372KB)

清掃活動の様子3

清掃活動の様子3
(画像クリックで拡大411KB)

清掃活動の様子4

清掃活動の様子4
(画像クリックで拡大404KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

舟渡地域センター 電話:03-3558-4193

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年8月の報道発表資料 >  いたばし花火大会に向けて!地元の子どもたちが清掃でおもてなし
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.