本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年10月の報道発表資料 >  史跡公園内の歴史的建築物をVR技術で復元なるか

公開日:平成30年10月18日
最終更新日:平成30年10月19日

平成30年10月18日報道発表

史跡公園内を測量

史跡公園内を測量
(画像クリックで拡大367KB)

カテリーナ・モルガンティ氏

カテリーナ・モルガンティ氏
(画像クリックで拡大439KB)

 現在板橋区では、加賀一丁目に所在する「加賀公園」「旧野口研究所」「旧理化学研究所板橋分所」一帯を、近代化・産業遺産として、その歴史的な背景や重要な文化財としての価値を認め、板橋の新たなシンボルとすべく『史跡公園』として整備を行っている。このたび、世界最古の大学としても有名なボローニャ大学の工業建築学部に在籍するカテリーナ・モルガンティ(Caterina Morganti)氏が、三次元測量技術やBIM(Building Information Modeling)、VR技術を活用して、歴史的建築物を保存・再生する手法を検討するため、この史跡公園を対象に研究を行うこととなった。そして10月16日(火)~18日(木)、研究に必要なデータを収集するため、史跡公園(板橋区加賀一丁目8番)にて現地調査を実施した。

 板橋区とイタリア・ボローニャ市は、2005年7月に友好都市交流協定を締結して以来、様々な交流活動を行っており、2015年に友好都市協定締結10周年を迎えたことを契機に、幅広い分野のさらなる連携強化を図ってきた。そして今回、板橋区が連携に関する基本協定を締結している日本大学生産工学部の招聘で、カテリーナ氏が日本建築学会情報システム利用技術シンポジウムで研究内容を発表することになり、研究のフィールドとして板橋区の史跡公園が選ばれることとなった。

 加賀一丁目に広がる板橋火薬製造所(昭和20年時には東京第二陸軍造兵廠板橋製造所)は、1876年に旧加賀藩江戸下屋敷の跡地に発足している。板橋火薬製造所は官営工場として日本最古の部類に属する工場であることから、「工都」板橋における工業のさきがけとして、また区の産業の原点として高く評価されている。平成26年8月、火薬製造所・火薬研究所時代の貴重な建造物や遺構が残っていた公益財団法人野口研究所の開発計画と、国立研究開発法人理化学研究所の旧板橋分所の移転計画が決定されたことを受け、区は旧東京第二陸軍造兵廠内火薬研究所等近代化遺産群を調査し、研究報告書を作成した。平成28年には調査結果を踏まえ、都内で初めての近代化史跡、近代化遺産を中心とする「史跡公園」として保存活用することを決定。平成29年10月には、当地が近代化遺産及び産業遺産としての評価を受け、国の史跡として正式に登録されるに至った。

 しかしながら、研究者のカテリーナ氏は、平成26年の研究報告書は、現存するものと資料のみとなった除却済建築物が混在しており、当時の様子を完全に現世に伝えることは難しいと考えている。一方近年、三次元測量による三次元空間情報の取得とその活用を行うBIMと、BIMデータを元に仮想現実を構成する手法が注目を浴びており、歴史的建築物の保存再生に活用した事例がみられる。そこで今回、図面を含む史跡公園に関わる上記調査結果及び現地調査を材料として、三次元測量及びBIMを活用した歴史的建築物の3次元空間情報を整備し、VR技術によって資料作成することが研究テーマとして設定された。

 今回のデータ作成には高度な測量技術が必要となるため、「光学の板橋」を牽引する区内企業の株式会社トプコンが全面協力を行うことになり、イタリア・ボローニャ大学、日本大学、株式会社トプコンの共同研究で進められることになった。作成したVRデータは区に提供される予定であり、これにより史跡公園の歴史的価値やこの地が歩んできた歴史が区内外の方々に広く伝わることを期待する。なお、カテリーナ氏は、歴史的な建築物が多く残るキューバの首都ハバナを舞台に、写真による三次元モニタリングに関する研究を行った研究した実績がある。

 18日(木)午前10時、カテリーナ氏ら測量チームが史跡公園整備予定地(旧火薬製造所エリア)に集合し調査を開始。空間情報作成のため、株式会社トプコンの三次元レーザースキャナーを用いて、不足している情報の現地調査・測量を実施した。

このページのトップへ戻る

データ作成の様子1

データ作成の様子1
(画像クリックで拡大394KB)

データ作成の様子2

データ作成の様子2
(画像クリックで拡大323KB)

測量チーム

測量チーム
(画像クリックで拡大412KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

産業振興課 電話:03-3579-2193

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年10月の報道発表資料 >  史跡公園内の歴史的建築物をVR技術で復元なるか
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.