本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年10月の報道発表資料 >  成増駅にて区と東武鉄道の協働による自殺対策キャンペーンを実施!

公開日:平成30年10月30日
最終更新日:平成30年10月30日

平成30年10月29日報道発表

集合写真

集合写真
(画像クリックで拡大379KB)

 板橋区は10月29日(月)16時から、東武東上線成増駅において、区民ボランティア(こころの健康サポーター)とともに自殺対策キャンペーンを実施した。本イベントは東武鉄道の事故防止キャンペーンと協働で実施したもの。

 こころの健康サポーターとは、こころの健康について正しい知識を持ち、身近な人のメンタルヘルスの問題に適切に対応できる区民ボランティアのことで、板橋区が養成している。また、養成したボランティアの活動の場を広げ、水準を維持するために、区では、年1回フォローアップ講座を実施するとともに、毎月1回、情報共有と相互研修の場として「こころの健康サポーター広場」を開催している。

 本キャンペーンは、「いたばしNo.1実現プラン2018」の実施計画事業の“こころの健康サポーターの活動支援”に位置づけられており、これまでも商店街や駅等において定期的に開催をしてきた。なお、「いたばしNo.1実現プラン2018」とは、板橋区基本構想で掲げる将来像「未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち“板橋”」の実現に向け、板橋区基本計画2025に基づく施策を着実に推進していく短期的なアクションプログラムとして、各年度の事業の枠組みを示すものである。

 

 29日(月)16時から始まったキャンペーンでは、区職員、ボランティア及び東武鉄道職員の約20人が、コンコースを通行する乗降客に声掛けをしてグッズを配布した。配布物は東武鉄道の事故防止の啓発グッズ(メッセージ入りティッシュとボールペン)のほか、区からは[1]地域で取り組む自殺予防とハイリスク者への対応のポイントを記した「誰でもゲートキーパー手帳」、[2]区民の悩み事の相談先リストとしての「板橋こころと生活の相談窓口30年度版」、[3]「ひとりで抱えず相談を」とのメッセージが入った啓発グッズ(付箋)の3種セット。

 会場周辺には、自殺防止東京キャンペーン九都市統一標語である「気づいてください!体と心の限界サイン」と印字したキャンペーン用のぼりを設置。配布物を通して早期の相談と、周囲の気づき・傾聴・地域での支えあいと見守りを呼びかけ、約30分で1,000セットの配布を終了した。

このページのトップへ戻る

キャンペーンの様子1

キャンペーンの様子1
(画像クリックで拡大283KB)

キャンペーンの様子2

キャンペーンの様子2
(画像クリックで拡大359KB)

キャンペーンの様子3

キャンペーンの様子3
(画像クリックで拡大363KB)

キャンペーンの様子4

キャンペーンの様子4
(画像クリックで拡大342KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

予防対策課 電話:03-3579-2329

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  平成30年10月の報道発表資料 >  成増駅にて区と東武鉄道の協働による自殺対策キャンペーンを実施!
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.