本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  令和元年10月の報道発表資料 >  コミュニティバス「りんりんGO」がデザイン一新

公開日:令和元年10月7日
最終更新日:令和元年10月8日

令和元年10月7日報道発表

新デザインのりんりんGO

新デザインのりんりんGO
(画像クリックで拡大293KB)

 板橋区内の「赤塚・四葉・徳丸」周辺地域を走るコミュニティバス「りんりんGO」が、10月7日(月)、デザイン一新・サイズアップして運行を開始した。

 コミュニティバス「りんりんGO」は、板橋区内において相対的に公共交通サービス水準が低い地域の一つである「赤塚・四葉・徳丸」周辺地域の公共交通サービス水準を向上させることを目的に、平成22年3月より運行を開始。観光・文化施策の振興を図るため、区内の観光・文化施設の集積地である区立美術館周辺を経由している。運行開始時に、コミュニティバスの愛称として、公募により、区の観光キャラクター“りんりんちゃん”にまつわる「りんりんGO」が選ばれ名付けられた。

 「りんりんGO」は毎日1台のバスで運行し、年間延べ10万人が利用している。今回のリニューアルは、運行開始から約10年の時を経て、車両更新の必要が生じていることによるもの。これまでの車両は定員35人の小型バスであり、平日朝の通勤通学の時間帯は満員だったことから、今回の新車導入に合わせて、定員61人の中型バスへとサイズアップした。リニューアル後の車体には、「りんりんGO」のイメージカラーである水色をベースに、エレガントな雰囲気のりんりんちゃんを描き、バスの安心・安全を車体全体で表現している。車内にも、吊り革や沿線の観光案内掲示など、いたるところに“りんりんちゃん”が登場。かわいらしく親しみやすいバスとなっている。

 バスの定員61人は、内訳として、座席20人、立ち乗り41人。乗車料金は、大人220円、子ども(小学生)110円(現金・ICカードいずれも同額)で、シルバーパスを使用できる。

 「りんりんGO」の運行は、区から委託を受けた国際興業株式会社が行い、運行ルートは、始発(6時50分)から15時までは、「板橋市場→新高島平駅→高島平三丁目→大門竹の子公園→区立美術館入口→赤塚庁舎入口→赤塚六丁目→赤塚健康福祉センター入口→下赤塚駅→赤塚一丁目→赤塚第一中学校→徳丸本町公園入口→おいせ坂上→徳丸五丁目→徳丸西→四葉二丁目→赤塚高速下→高島平三丁目→新高島平駅→板橋市場」を巡回し、15時から最終(19時50分板橋市場着で終了)までは、上記ルートを逆周りに巡回する。

このページのトップへ戻る

車内には観光案内

車内には観光案内
(画像クリックで拡大283KB)

つり革にもりんりんちゃん

つり革にもりんりんちゃん
(画像クリックで拡大286KB)

エレガントな雰囲気のりんりんちゃん

エレガントな雰囲気のりんりんちゃん
(画像クリックで拡大279KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

交通政策課 電話:03-3579-2584

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  令和元年10月の報道発表資料 >  コミュニティバス「りんりんGO」がデザイン一新
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.