本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  報道発表資料 >  令和2年2月の報道発表資料 >  プロの印刷・製本で中学生のオリジナル絵本が完成

公開日:令和2年2月6日
最終更新日:令和2年2月6日

令和2年2月2日報道発表

 いたばしボローニャ子ども絵本館では、昨年7月から、プロの印刷・製本によるオリジナル絵本を製作する中学生向けの絵本づくりワークショップ(全5回)を開催。完成した作品を発表する最後のワークショップが、2月2日(日)14時より、区役所本庁舎2階人材育成センター(板橋2-66-1)にて行われた。

 板橋区は全国でも有数の工業集積地域であり、世界でもトップクラスの技術を誇る「光学・精密機器」と併せて、高度経済成長期に伸びてきた「印刷業」が地場産業として挙げられる。また区内には、北イタリア・ボローニャから寄贈された絵本を中心に世界約100か国、2万7千冊の海外絵本を所蔵する「いたばしボローニャ子ども絵本館」があることから、区は絵本を身近に感じ親しめる環境づくりに取り組むなど、「絵本のまち板橋」を推進している。

 今回の事業は、参加者が実際の絵本を作成することにより、絵本づくりの楽しさや絵本への興味を高め、表現力や創造力の向上につなげることを目的とするとともに、区内の印刷会社・製本会社の協力のもと、製本作業体験も行い、「本格的な絵本づくり」にこだわった、全5回のワークショップである。

 第1回(7月)は、特別講師として児童文学作家の川北亮司先生を招いて、絵本づくりのイロハを教わる講義を実施し、参加者は作りたい絵本のストーリーを考案。第2回(9月)から原画の製作に取りかかり、第3回(11月)には原画・原稿を完成させた。これらは区内企業である株式会社オフセット岩村(新河岸1-15-22)にて印刷された後、大村製本株式会社(前野町3-43-7)で開催された第4回(12月)のワークショップにおいて、参加者自ら製本作業の一部を行った。そしてワークショップの最終回となる2月2日(日)は、完成した絵本の作品発表と川北先生による講評が行われた。

 なお、今回の完成作品(複本)は、3月5日(木)から区役所本庁舎1階イベントスクエアにて開催される「いたばし子ども絵本展」で展示され、手に取って読むことができる。このほか会場には、いたばしボローニャ子ども絵本館が所蔵する絵本やいたばし国際絵本翻訳大賞(外国語絵本の翻訳コンテスト)の中学生部門入賞作品も展示。多数の絵本でカラフルに彩られた会場で、絵本の世界を堪能できる。3月12日(木)まで。

作品発表

作品発表
(画像クリックで拡大839KB)

川北先生より講評

川北先生より講評
(画像クリックで拡大670KB)

完成した作品をもって記念撮影

完成した作品をもって記念撮影
(画像クリックで拡大447KB)

製本作業の様子

製本作業の様子
(画像クリックで拡大110KB)

このページのトップへ戻る

この記事に関するお問合せ

いたばしボローニャ子ども絵本館 電話:03-3579-2665

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

報道発表資料に関するお問合せ

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
政策経営部 広聴広報課
電話番号:03-3579-2024 FAX番号:03-3579-2028

このページのトップへ戻る

トップページ >  報道発表資料 >  令和2年2月の報道発表資料 >  プロの印刷・製本で中学生のオリジナル絵本が完成
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.