本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  お知らせ >  文化・観光・施設・公園 >  ボランティア・市民活動情報コーナー 平成23年度報告

公開日:平成25年6月10日
最終更新日:平成29年1月20日

フォーラムの様子

フォーラムの様子
(画像クリックで拡大56KB)

『板橋の伝統工芸を知ろう!学ぼう!伝えよう!』~私たちのまちを学んで、もっと好きになろう(4)~

▽報告者 江戸小紋師 小林福司さん

▽報告者 区学芸員  吉田政博さん

 毎年、意外と知られていない板橋の魅力的な一面を知っていただき、そのことによって私たちのまちをもっと好きになってもらいたいとフォーラムを企画し、開催しております。今回のテーマである「板橋の伝統工芸」も、区内にどんな職人さんがいるのか、いつ頃からいるのか等あまり知られていないことに気付いたことから始まりました。講師として地元板橋で工房を営む江戸小紋師小林福司さんと、区学芸員吉田政博さんをお招きしました。私たちのまち板橋に、素晴らしい職人さんがいらっしゃることを誇りに思うとともに、素晴らしい日本の伝統文化とそれを支える職人さんの技術が直面する現実に危機感を禁じ得ませんでした。

江戸小紋と江戸小紋師という仕事(江戸小紋師:小林福司さん)

 江戸小紋の歴史、工程、文様の意味、日本人の美意識、TPOに合った文様の選び方等を説明していただきました。また、小林さんをはじめ伝統工芸の職人さんの多くの方が抱えている問題、つまり後継者の問題について、率直に話していただきました。

 会場後方には、小林さんの作品を多数展示していただき、休憩中には参加された皆さんの目を釘づけにしていました。素晴らしい作品を目の前にしながら、小林さんが話してくださった厳しい現状を考えると、この素晴らしい伝統をどうしたら残していけるのか、真剣に考えた方が多く見られました。

板橋の伝統工芸についての総論(区学芸員 吉田政博さん)

 板橋区教育委員会生涯学習課で文化財を担当する立場から、板橋区の伝統工芸の現状、いつ頃から職人が移り住むようになったか等の歴史、職人も顔負けのハンドメイド作品があるが伝統工芸品と呼べるものはどんなものなのか説明してくださいました。また、小林さんもお話になっていた伝統文化とその技術の継承についても触れられ、素晴らしい伝統を残すために「皆さんにサポーターになっていただきたい。理解と支援をしていただきたい。」とお話になりました。

このページのトップへ戻る

小林さんの作品の展示

小林さんの作品の展示
(画像クリックで拡大40KB)

二次製品についての展示

二次製品についての展示
(画像クリックで拡大52KB)

参加者の感想(一部)

・創作講座として、このような企画は初めてですばらしいと思います。「もっと板橋を見つめなければ!」、「もっと知らなくては!」と思いました。

・板橋で江戸小紋をされている方がいるということを、初めて知りました。

・夏前に伝統工芸の体験講座があり、その指導者が今日の先生でした。「もっと江戸小紋の勉強がしたい」と思い、今日来ました。かりに後継者を育てようと思っても環境がものすごく悲惨だとわかりました。「どうしたらいいのだろう」と、ちょっと暗い気持ちになりました。

・一年ほど前に四国から引っ越して来ました。とにかく板橋区のことが知りたくて、歴史的なことに興味があります。今日はつないでいくことの大切さを思いました。

・目に見えないところにこだわるなど、改めて日本人の美意識を感じました。

・資料館とか美術館にはよく足を運びますが、こちらは初めてでした。とても勉強になりました。

・江戸小紋について分からなかったことが、たいへんよくわかりました。無駄のない合理的な仕事に感激しました。

・日本の文化を、身近に分かりやすく拝聴でき、楽しくてよかったです。こういう形で講座を作っていただきたい。現在、茶道について勉強していて、着物にも興味を持ち、この講座を受けました。

・板橋に住んで、まだ数年です。組み紐を作っていたというあたりに住んでいて、「私が住んでいるあのあたりか」と思い、板橋が好きになってよかったと思いました。江戸小紋が廃れているのが悲しいと思いましたが、新しい形で色んなものを作っているのを知り、違う形の未来もあるのかなと思いました。

終了後のアンケート

・創作講座としてこんな素晴らしい企画、ありがとうございました。板橋をもう一度見直さなければ、もっと好きにならないと思います。

・参加して良かったです。いたb氏のことを知ることが出来て、良かったです。

・小林さんの江戸小紋についてのお話はとても分かりやすく興味深いお話で楽しかったです。

・着物や江戸小紋については美しいとか、あこがれの気分で見たり、着たり、感じたりしてきましたが、そうした職人としての仕事の将来性と現状を教えていただき、これからの課題を抱えていることを知りました。何とか継承していけることを祈ります。

・期待以上。

・楽しく、深刻に伝統工芸の世界に触れさせていただきました。次の企画を楽しみにしております。

・日本の文化が身近に拝聴できて、とても興味深く、分かりやすく、また是非こういう形で講座を作ってください。

・日本文化について、板橋の工芸について、詳しくお話をお聞き出来て良かったです。素晴らしい講習会、ありがとうございました。

まなぽーと大原 ボランティア・市民活動情報コーナー へ 

まなぽーと大原のご案内(トップページ)へ

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
教育委員会事務局 生涯学習課
電話番号:03-3579-2633 FAX番号:03-3579-2635

お問い合わせ
〒174-0061
東京都板橋区大原町5番18号
まなぽーと大原
 電話番号:03-3969-0401
 FAX番号:03-3969-0403

このページのトップへ戻る

トップページ >  お知らせ >  文化・観光・施設・公園 >  ボランティア・市民活動情報コーナー 平成23年度報告
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199
法人番号:6000020131199
(c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.