本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  お知らせ >  健康・福祉・高齢・障がい >  2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会特集

公開日:平成30年2月8日
最終更新日:平成30年2月8日

 平成30年2月9日(金)、いよいよ2018平昌冬季オリンピック大会が開幕します(パラリンピック大会は3月9日(金)から)。今大会は、東京2020大会までの期間に行われる、最後のオリンピック・パラリンピックとなります。

 「PyeongChang to Tokyo」(ピョンチャン トゥ トーキョー)。各競技に出場する日本代表選手を応援し、大会の雰囲気を存分に楽しみ、その盛り上がりを東京2020大会につなげましょう!

開催概要

 2018平昌冬季オリンピック大会(別ウィンドウで開きます)

 開催期間:平成30年2月9日(金)~25日(日)【17日間】

 開催場所:平昌(ピョンチャン)/江陵(カンヌン)/旌善(チョンソン)

2018平昌冬季パラリンピック大会(別ウィンドウで開きます)

 開催期間:平成30年3月9日(金)~18日(日)【10日間】

 開催場所:平昌(ピョンチャン)/江陵(カンヌン)/旌善(チョンソン)

 

※いずれも、平昌では開・閉会式とほぼすべての雪上競技、江陵では氷上競技、旌善ではアルペンスキー滑降競技が行われます。

注目競技&選手

 日本選手団の選手総数は、オリンピックでは124人(平成30年1月29日現在)、パラリンピックでは33人(平成30年1月22日現在)と、いずれも海外の冬季大会で最多の派遣数となります。中でもメダルが期待される競技・選手を紹介します。

 また、「パラリンピック競技にはあまりなじみがないなぁ」という方のために、簡単な競技内容も掲載します。実は、冬季大会では、オリンピックよりもパラリンピックのほうが多くメダルを獲得している大会が多いというのをご存知でしょうか。この機会にぜひ、冬季のパラスポーツへの関心を深め、日本代表選手にエールを送りましょう!※日本財団パラリンピックサポートセンター公式HPの「平昌2018冬季パラリンピック特集」ページ(別ウィンドウで開きます)には目玉企画が盛り沢山です。併せてご覧ください。

オリンピック(JOC:2018平昌冬季オリンピック大会特集ページ(別ウィンドウで開きます)

  • フィギアスケート

羽生弓弦(はにゅう・ゆづる)選手の2大会連続の金メダル獲得なるか!?11月に負った右足首靱帯の怪我からの復活Vに期待しましょう。他にも男子・女子ともに、メダルを狙える位置につけている選手が多いだけに、見ごたえ十分です。

  • フリースタイルスキー・モーグル

今大会前最後の実戦で、W杯13連勝中・W杯歴代最多48勝を誇るミカエル・キングズベリー選手(カナダ)を破り、W杯初勝利を挙げた堀島行真(ほりしま・いくま)選手。一躍、金メダル候補に躍り出ました!

  • ノルディック複合

ソチ2014冬季大会で銀メダルを獲得した、渡部暁斗(わたべ・あきと)選手。今大会前最後のW杯となった個人戦第14戦では惜しくも優勝を逃したものの、今季W杯では 個人総合首位をキープしており、2大会連続のメダル獲得が期待されます。

  • スキージャンプ

ソチ2014冬季大会で涙をのんだ高梨沙羅(たかなし・さら)選手。悲願の金メダル獲得が期待されます。また、8回目の冬季オリンピック出場となる日本ジャンプ界のレジェンド、葛西紀明(かさい・のりあき)選手にも注目です。

  • スノーボード

冬季オリンピック種目で、新たな日本のお家芸と評されるようになってきたスノーボード。ソチ2014冬季大会で銀メダルを獲得したハーフパイプの平野歩夢(ひらの・あゆむ)選手、同じく銅メダルを獲得した平岡卓(ひらおか・たく)両選手をはじめ、スロープスタイルとビッグエアの鬼塚雅(おにつか・みやび)選手など、若手の活躍にも注目です。

  • スピードスケート

注目は、今季のW杯で500mに出場した6試合すべてで優勝している小平奈緒(こだいら・なお)選手。日本選手団の主将を務めるとともに、金メダルへの期待も高まっています。また、今年のW杯初戦で世界記録を出して優勝した、チームパシュート 女子チームもメダルを狙える位置につけています。

パラリンピック(JPC:2018平昌冬季パラリンピック大会特集ページ(別ウィンドウで開きます)

  • アルペンスキー

パラリンピックもオリンピックと同様、滑降(ダウンヒル)、スーパー大回転(スーパーG)、大回転(ジャイアントスラローム)、回転(スラローム)、スーパー複合(スーパーコンビ)の5種目。特に、「チェアスキー」と呼ばれるマシンを使用する座位カテゴリーでは、日本チームはトップレベルを誇り、ソチ2014冬季大会では、狩野亮(かの・あきら)選手が高速系2種目で金メダル、鈴木猛史(すずき・たけし)選手が回転で金メダル、森井大輝(もりい・たいき)選手がスーパーGで銀メダルを獲得しています。今大会も期待大です。

  • バイアスロン

持久力と集中力が求められる過酷な競技、バイアスロン。クロスカントリースキーのフリー走法と射撃を組み合わせたもので、距離別にショート、ミドル、ロングの3種目が行われます。射撃は伏射で行い、射撃を外した回数がペナルティになります。
ここ数年、世界戦集権やW杯で好成績を修めている、阿部友里香(あべ・ゆりか)選手に注目です。 

このページのトップへ戻る

  • クロスカントリースキー

立位(スタンディング)、座位(シッティング)、視覚障がい(ビジュアリーインペアード)の各カテゴリーでメダルを争います。立位と視覚障がいでは、専用のカッターで作られた二本の溝を滑るクラシカル走法と、主にスケーティング走法を用いるフリー走法の2種目が行われます。
この競技では、バイアスロンにも出場する前述の阿部選手とともに、冬季パラリンピック5大会目の連続出場となる、新田佳浩(にった・よしひろ)選手にメダルの期待がかかります。 

  • パラスノーボード

今大会からの新競技です。障がいの種類や程度によりクラス分けされ、スピードを競い合う、スリリングな展開が魅力のスノーボードクロス。3回の滑走でベストタイムを競うタイムを競うバンクドスラロームが実施される予定です。

注目はなんと言っても成田緑夢(なりた・ぐりむ)選手。もともとフリースタイルスキーで冬季オリンピック出場をめざしていましたが、2013年にトランポリン練習中の事故で左足に重傷を負いました。パラスノーボードに転向し、今大会で初めて競技として採用されるスノーボードの出場権を得た彼の活躍に期待しましょう! 

  • パラアイスホッケー

下肢に障がいがある選手が「スレッジ」と呼ばれる専用のソリに乗ってプレーします。短いスティックを用いて、駆動用のアイスピックが付いているグリップエンドで氷を押しながら漕ぐ動きで前に進みます。スレッジの下についているブレードで氷を削る音やスティックでパックを操る音など、観客は音でも楽しめます。

パラアイスホッケーの冬季パラリンピック大会出場は、銀メダルに輝いたバンクーバー2010冬季大会以来、8年ぶりとなる。平均年齢は41歳と少し高めですが、その分経験は豊富。「氷上の格闘技」と評されるこの競技、強烈なボディチェックなど、迫力あるプレーにエールを送りましょう。

実施競技

オリンピック競技(15競技、102種目)

アルペンスキー(11)、バイアスロン(11)、ボブスレー(3)、クロスカントリースキー(12)、カーリング(3)、フィギュアスケート(5)、フリースタイルスキー(10)、アイスホッケー(2)、リュージュ(4)、ノルディック複合(3)、ショートトラックスピードスケート(8)、スケルトン(2)、スキージャンプ(4)、スノーボード(10)、スピードスケート(14)

※今大会から、アルペンスキーの混合団体、スノーボードのビッグエア、スピードスケートのマススタート、カーリングの混合ダブルスが新種目として採用されました。

パラリンピック競技(6競技、80種目)

アルペンスキー(30)、バイアスロン(18)、クロスカントリースキー(20)、パラアイスホッケー(1)、スノーボード(10)、車いすカーリング(1)

※今大会から、スノーボードが新競技として採用されました(ソチ2014冬季大会では、スノーボードクロスのみアルペンスキーの1種目として採用されていました)。

「東京2020ライブサイト in 2018」に出かけませんか

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会期間中、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都が、 東京2020大会の盛り上げに向けて、「東京2020ライブサイト in 2018」を開催します。
 大画面での迫力ある競技の生中継をはじめ、豪華アスリートトークショーやアーティストのライブ、連携団体等によるステージイベント、オリンピック・パラリンピック競技の体験など、様々な催しが予定されています。イベント内容などの詳細は、公式ウェブサイト(別ウィンドウで開きます)をご確認ください。※イベント内容の情報は日々更新されます。

 

【東京都会場】

  • 都立井の頭恩賜公園 西園(三鷹市下連雀1-1)…平成30年2月10日(土)~12日(月・祝)
  • 都立シンボルプロムナード公園 イーストプロムナード・石と光の広場(江東区有明3-7)…平成30年2月22日(㈭)~24日(土)

※2月24日(土)に、板橋区の赤塚諏訪神社獅子舞保存会による獅子舞演舞が披露されます。時間等詳細は決まり次第、このページでもお知らせします。

  • 都立日比谷公園(千代田区日比谷公園)・東京ミッドタウン日比谷(千代田区有楽町1-1-2、1-1-4)…平成30年3月17日(土)~18日(日)

※板橋区のブース出展なども予定されています。詳細は決まり次第、このページでもお知らせします。

 

【宮城県会場】

  •  JR仙台駅2階 ステンドグラス前(仙台市青葉区中央1-1-1)…平成30年2月17日(土)

【福島県会場】

  • 郡山駅西口駅前広場(郡山市駅前2-408)…平成30年2月18日(日)

【岩手県会場】

  • 盛岡駅前 滝の広場(盛岡市盛岡駅前通1)…平成30年2月24日(土)

【熊本県会場】

  •  (仮称)花畑広場(熊本市中央区花畑町7-10)…平成30年3月10日(土)

※全会場、全日程ともに10時~17時。

赤塚諏訪神社獅子舞

赤塚諏訪神社獅子舞
(画像クリックで拡大4062KB)

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
区民文化部 スポーツ振興課
電話番号:03-3579-2651 FAX番号:03-3579-2166

このページのトップへ戻る

トップページ >  お知らせ >  健康・福祉・高齢・障がい >  2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会特集
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.