本文へ

未来をはぐくむ
緑と文化のかがやくまち
‟板橋”

文字サイズ変更

画面の色

トップページ >  お知らせ >  健康・福祉・高齢・障がい >  熱中症にご注意ください

公開日:平成30年5月2日
最終更新日:平成30年5月7日

【熱中症とは】

 身体が暑さに対して適応できず、体内の水分や塩分などのバランスが崩れたり、体温調節機能が崩れることによって身体に様々な不調(めまいや頭痛、吐き気、筋肉のけいれんなど)を引き起こす病気です。最悪の場合、命に関わることもありますが、予防法を知っていれば、防ぐことができます。

 特に乳幼児や高齢者は注意が必要です。

 

【対策】

熱中症を予防するには、まず暑さを避け、水分補給をしっかり行うことが重要です。

  • 暑さを避ける

 炎天下での作業を極力控え、外出時は風通しの良い服装で、帽子や日傘等を用いましょう。また、熱中

 症は室内でも要注意です。エアコンを適切に使用しましょう。寝ている間も注意が必要です。

  • こまめな水分補給

 喉の渇きを感じる前に水分補給をするよう心掛けましょう。カフェインを多く含むコーヒーや緑茶、ア

 ルコール類は利尿作用があるため水分補給には適しません。水分と共にミネラル分も補給できるスポー

 ツドリンクや麦茶が適しています。

  • 体調管理

  バランスのとれた食事を心掛け、十分な睡眠をとりましょう。

 

【熱中症が疑われる場合の応急処置】

熱中症の症状として

症状1度(軽度)…めまい・失神・筋肉痛

症状2度(中等度)…頭痛・吐き気・おう吐・倦怠感・虚脱感

症状3度(重症)…2度の症状に加えて、意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

 

上記の症状のうち、症状1度は現場での応急処置で対応できる。症状2度及び3度は病院での処置が必要になる。特に症状3度の場合は救急搬送が必要になる。

 

現場での応急処置

[1]涼しい場所への移動

[2]脱衣と冷却…衣類を緩めて楽にさせる。水をかける、風を送るなどして体を冷ます。

[3]水分・塩分の補給…スポーツドリンクや食塩水(水1ℓに1~2gの塩)を飲ませる。

[4]医療機関へ運ぶ…自力での水分補給ができない、意識がはっきりしない場合は急いで医療機関へ搬送

          する。救急車を呼ぶか迷ったときは東京消防庁救急相談センター(♯7119)へ。

          つながらない場合は、03-3212-2323。

このページのトップへ戻る

熱中症に関するお問い合わせ

 板橋区では、区内5か所に健康福祉センターを設置しています。熱中症に関するお問い合わせのほか、健康に関するご相談などございましたらお気軽にお問合せください。

 区内各健康福祉センターでは、月曜から金曜(休日を除く)の9時~17時まで、ご相談を受け付けております。

 

それぞれの健康福祉センターの担当地域は、こちらより

  • 板橋健康福祉センター  電話03-3579-2333 板橋区大山東町32番15号
  • 上板橋健康福祉センター  電話03-3937-1041 板橋区桜川三丁目18番6号
  • 赤塚健康福祉センター  電話03-3979-0511 板橋区赤塚一丁目10番13号
  • 志村健康福祉センター  電話03-3969-3836 板橋区蓮根二丁目5番5号
  • 高島平健康福祉センター 電話03-3938-8621 板橋区高島平三丁目13番28号

 

このページのトップへ戻る

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等はこちらではお受けできません。フォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

作成部署

〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
健康生きがい部 健康推進課
電話番号:03-3579-2302 FAX番号:03-3962-7834

このページのトップへ戻る

トップページ >  お知らせ >  健康・福祉・高齢・障がい >  熱中症にご注意ください
板橋区役所 郵便番号173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 代表電話番号 03-3964-1111

FAX番号(広聴広報課受付)03-3579-2028 各課へメールを送る

  • 地図
    地図
  • 交通案内
    交通案内
  • お問い合わせ
    お問合せ

地方公共団体(市区町村)コード131199 (c)ITABASHI CITY OFFICE All Rights Reserved.