2021年12月21日 倫雅美術奨励賞を受賞しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001521  更新日 2022年1月5日

印刷大きな文字で印刷

当館学芸員の弘中智子が第32回倫雅美術奨励賞の美術史研究部門を受賞しました!
この賞は優れた新鋭の美術評論家、美術史研究家の活動に対し授与されるものです。
今回は京都府京都文化博物館の清水智世さんと共に企画した展覧会
「さまよえる絵筆-東京・京都 戦時下の前衛画家たち」の企画およびカタログ中の論文が評価されました。
※この展覧会は、板橋区立美術館のコレクションや普段の研究の蓄積があって出来上がったものです。
今後も作品の魅力を伝えていきます。

 

画像

写真は2021年12月28日に坂本区長に報告したときの様子です。

展覧会はすでに終了しましたが、図録は当館でもお買い求めいただけます。
通信販売をご希望の方はお電話にてお問い合わせください。