赤塚植物園 秋・冬の見どころ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006675  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

赤塚植物園の秋・冬の見どころをご紹介します。その他の植物については、下記の花ごよみをご覧ください。

ホトトギス(ユリ科)

花の斑点模様が、野鳥のホトトギスの胸の模様に似ているので、この名があります。10月に咲き、この仲間のヤマホトトギス・ヤマジノホトトギス・タイワンホトトギスも見られます。

写真1
ホトトギス

カリガネソウ(クマツヅラ科)

名前の由来は花の形が雁に似ているということからきています。また別名としては、ホカケソウ(帆掛草)というのがあります。9月中旬から下旬ころまで花を咲かせます。

写真5
秋 カリガネソウ

コウヤボウキ(キク科)

高野山で茎を束ねて箒の材料としたのでこの名があります。玉箒(たまぼうき)と呼ばれて古くから箒の材料とされ、正月の飾りなどにもされました。花の時期は、11月~12月頃です。

写真6
秋 コウヤボウキ

ヤマハギ(マメ科)

秋の七草にある「ハギ」とは、この「ヤマハギ」のことです。9月頃から咲き始めます。

写真2
ヤマハギ

シモバシラ(シソ科)

写真3
シモバシラ

カンツバキ(ツバキ科)

「サザンカ」によく似ていて、見分けるのにコツがあります。11月下旬から3月上旬まで、花の少ない冬の間中ずっと花を咲かせ続けてくれます。

写真7
冬 カンツバキ

マンサク(マンサク科)

名前の由来は、花をたくさんつけるので『満咲く』⇒『満作』、『まず咲く』が訛ったなどの説があります。花は、2月下旬から3月中旬まで楽しむことができます。

写真4
マンサク

スイセン(ヒガンバナ科)

スイセンには多くの品種がありますが、赤塚植物園では「ニホンズイセン」を見ることができます。1月上旬から4月中旬にかけて花を咲かせます。

写真8
冬 スイセン

関連リンク

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

土木部 みどりと公園課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2525 ファクス:03-3579-2547
土木部 みどりと公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。