<区長メッセージ>緊急事態宣言解除を受けて、区民の皆様へ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022961  更新日 令和2年5月26日

印刷大きな文字で印刷

板橋区長の坂本 健です。

緊急事態宣言が解除されました。
これまでの区民、事業者の皆様の新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた行動の積み重ねの賜物と、改めて、外出自粛、休業要請などへのご理解、ご協力に心より感謝申し上げます。

東京都内の感染は、収束の方向に向かっておりますが、目に見えない感染は依然として続いています。
また、この感染症は、ひとたび発生すると急速に拡大するリスクがあります。
区では、今後も感染予防対策を徹底したうえで、東京都から示された、休業要請緩和のステップに応じて、学校や区の施設、サービスの再開を段階的に進めてまいります。

区立小・中学校については、6月1日より、半数ずつの子どもたちの分散登校や短縮授業を2週間程度実施したあと、通常の学級規模、全日の授業へとつなげていきたいと考えています。
また、区立美術館、図書館や児童館、体育施設などの一部のサービスを再開します。

そのほかの施設やサービスについても、東京都の要請など様々な状況を勘案しながら、感染予防対策を実施したうえで、再開を進めてまいります。
再開の時期などについては、随時、区のホームページ等を通して、お知らせしていきますので、ご不便をおかけいたしますが引き続きご協力くださいますよう、お願いします。

なお、特別定額給付金につきましては、お急ぎの方やオンライン申請をされた方には、支給を始めております。また、明日27日より区内のすべてのご家庭に向けて、申請書を送付いたしますので、まだ、申請されていない世帯主の方は、この申請書にご記入のうえ、郵便による申請をお願いします。

さて、区では、新型コロナウイルス感染症にかかる緊急対策として、さらなる支援策を補正予算第2号として、区議会第二定例会に提案いたします。先日、議決を受けた補正予算第1号に加えて、区民の暮らしを守る施策を強化し、速やかに実行してまいります。

主な事業を3つ紹介します。

まず、感染症拡大による影響で、売上高の減少した、区内の小規模事業者の方々を支援するために 店舗や事業所の家賃の一部助成を行います。

また、学校などの休校や事業所の休業等に伴う就業環境の変化を受けたひとり親家庭等に対する支援として、児童育成手当の受給者に「臨時特別給付金」を支給します。

さらに、区立小・中学校全校の子どもたちに一人1台のパソコンの用意と各学校の高速な通信環境を整備し、教育のICT環境を向上させます。

このほかにも、状況の変化や区民の皆様や多方面の関係者のご意見も踏まえて、感染症抑止対策や支援策、また、地域における高齢者の見守りなどを積極的に進めてまいります。

区民の皆様におかれましては、「手洗い、マスクの着用・人と人との間隔をあける」など基本的な日常の感染症予防対策を続けながら、様々な活動の回復をめざしていく「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。

一歩進んだ、暮らしやすい、新たな板橋のまちづくりを、皆で連携を深めて実現していきましょう。

私は、区長として、区民の皆様の「いのちと健康と暮らし」を守り、未来に向かって持続的に発展する区政運営を、今後も誠心誠意取り組んでまいります。

終わりに、これまで、区民の皆様からは、区の清掃職員に対する温かいメッセージなどを多数いただき、職員の励みになっております。また、区民や事業者の方々からマスクや消毒液などのご寄付をたくさん頂戴しています。

皆様のこれまでの取組やあたたかいお気持ちに改めて御礼を申し上げます。引き続き、区政へのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月26日

板橋区長 坂本 健

 

動画配信

上記のメッセージは、以下のリンクより動画(YouTube)にて配信しております。
 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。