介護事業所における新型コロナウイルス感染症への対応について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026990  更新日 2022年8月3日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症濃厚接触者の健康観察期間について(令和4年7月22日から)

新型コロナウイルス感染症の患者と接触した濃厚接触者の健康観察期間について、オミクロン株に限り最終接触日から5日間と改正されました。

また、介護事業所の従業員の方につきましては、事業所の自費検査により最終接触から2日目及び3日目に抗原定性検査キット(薬事承認されたもの)を用いた検査で陰性確認後、3日目から解除可能となりました。

  • 10日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食などを避けること。
  • 健康観察期間短縮となった従業員は、10日目が経過するまでは業務従事のみ外出すること。
  • 陽性となった場合には、医療機関受診を促し、診断を受けること。

 詳しくは東京都の事務連絡をご覧ください。

 

濃厚接触者について(令和4年3月から)

介護事業所における濃厚接触者とは、症状のある陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)2日前から現在までに接触があった次にあてはまる方です。

陽性者が利用者様・スタッフの方である場合に、介護事業所での濃厚接触者の考え方を図表に整理しておりますので、以下の添付ファイル「濃厚接触者について」をあわせてご確認ください。

  • 同居している人
  • 適切な防護なしに介護などをした人
  • 陽性者の気道分泌液や体液などの汚染物質に直接触れた可能性の高い人
  • マスク無しで陽性者と1メートル以内で15分以上接触した人

 

介護事業所内の新型コロナウイルス陽性者発生時の対応

  • 通所介護事業所内の新型コロナウイルス陽性者発生時の対応(令和4年7月22日から)

1 陽性者が1名発生した段階で、上記の【濃厚接触者について(令和4年3月から)】を確認しながら、事業所が濃厚接触者を特定し、最終接触のつぎの日から5日間自宅待機とする。

2 濃厚接触者以外の利用者のケアマネジャー、他事業所に連絡し、健康状態の観察を行う。有症状の場合は受診を促す。

3 休業をする場合は、「新型コロナウイルス感染症に係る通所介護事業所のサービス継続支援(介護保険最新情報vol.825)」を参考に可能な限りサービス提供継続を図る。

  • 入所系介護事業所内の新型コロナウイルス陽性者発生時の対応

下記リンクをご参照ください。

陽性者が発生した際には、添付ファイル「感染者発生時のワークフロー」を参考にしてください。

チェックリスト及び感染症発生時のワークフローについて(令和4年7月22日から)

事業所内での日頃の対策及び感染疑い者が発生した際にとるべき内容について、あらかじめ確認できるようチェックリスト及びワークフローを作成いたしましたのでご活用ください。

また、令和2年度、施設サービスに対して新型コロナウイルス感染症対策の強化、クラスター発生防止のため感染症専門家派遣事業を実施しました。訪問時に専門家から助言のあった内容についてまとめておりますので、参考としてください。

新型コロナウイルス感染症に係る在宅の要介護(支援)者に対する介護サービス事業所のサービス継続について

感染が拡大している地域の家族等との接触があり新型コロナウイルス感染の懸念があることのみを理由にサービスの 提供を拒むことは、サービスを拒否する正当な理由には該当しないことから、感染防止対策を徹底した上で在宅の要介護(支援)者 に対して必要な介護サ ービスが継続的に提供されるようお願いいたします。

介護施設・事業所における新型コロナウイルス感染症発生時の業務継続ガイドライン

厚生労働省から「介護施設・事業所における新型コロナウイルス感染症発生時の業務継続ガイドライン」が出されました。(令和2年12月17日更新)

外部リンクの厚生労働省「介護事業所等向けの新型コロナウイルス感染症対策等まとめページ」に様式の添付ファイルが掲載されています。業務継続計画の策定等にご活用ください。

新型コロナウイルス感染症発生時の対応について

  • 介護保険最新情報Vol.853に感染者が発生した場合の人材確保、専門家の派遣、退院者の受け入れの記載がありますので、ご確認ください。
  • 介護保険最新情報Vol.808の別表に「入所施設」「通所系」「訪問系」の対応が一覧表で掲載されています。「新型コロナ受診相談窓口」への相談目安などは最新のものに読み替えてご活用ください。

事故報告書

介護サービスの利用者が板橋区の被保険者である場合及び事業所又は施設所在地が板橋区内の場合であって感染症が発生したときには、事故報告書の提出が必要となります。そのため、新型コロナウイルスの感染が1名でも確認された場合には、速やかに区へご報告をお願いいたします。

事故報告書の提出については、以下の内部リンクサイト「事故報告書関係」をご覧ください。

「介護サービス利用控え」の利用者への案内

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、介護保険サービスの利用を控えている利用者に対し、各事業所の感染防止策の取り組みを周知して、「利用控え」による機能低下防止に取り組んでください。

周知用のリーフレット「介護サービスを利用されている利用者、ご家族へ」を作成しましたので、各事業所で自由に加工してお使いください。

居宅介護支援事業所における業務の臨時的な取り扱い

居宅介護支援事業所における業務の臨時的な取り扱いについて、厚生労働省及び東京都からの通知をもとに、お問い合わせの多い内容について整理しました。(令和2年6月15日更新)

質問と回答について(令和4年3月14日更新)

介護事業所での平時及び感染症発生時の対応についてご質問いただいた内容について回答しておりますので、ご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて

ご質問の多い事項につきまして随時更新をしていますのでご確認ください。(令和4年2月10日更新)

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 介護保険課 指導係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2386 ファクス:03-3579-3402
健康生きがい部 介護保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。