中東呼吸器症候群(MERS)について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003118  更新日 令和2年1月25日

印刷大きな文字で印刷

中東呼吸器症候群(MERS)は2012年に初めて報告された新しい種類のコロナウイルスによる感染症です。
主として、中東地域に居住または渡航歴のある者、あるいはMERS患者との接触歴のある者からの患者発生が継続的に報告されています。2015年5月に韓国においてもMERS患者が確認されています。発生国へ渡航する場合は、注意しましょう。詳しい情報は下記の関連情報をご覧ください。
現在までに日本国内での中東呼吸器症候群(MERS)患者は発生していません。

関連情報

厚生労働省:中東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A

外務省:韓国及び中国:MERSコロナウイルスによる感染症の発生
海外安全ホームページ

国立感染症研究所:中東呼吸器症候群(MERS)( 国立感染症研究所)

東京都感染症情報センター:中東呼吸器症候群(MERS)(東京都感染症情報センター)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 予防対策課
〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号
電話:03-3579-2329 ファクス:03-3579-1337
健康生きがい部 予防対策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。