障害者差別解消法セミナー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1028427  更新日 2020年11月21日

印刷大きな文字で印刷

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

平成28年4月1日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(略称「障害者差別解消法」)が施行され、平成30年10月1日には、「東京都障害者への理解促進及び差別解消の推進に関する条例」(略称「東京都障害者差別解消条例」)も施行されました。
障害者差別解消法及び東京都障害者差別解消条例では、行政機関や地方公共団体等及び民間事業者による障がいを理由とする差別を禁止し、合理的配慮の提供を義務としています。

令和2年度 障害者差別解消法(合理的配慮を考える)セミナー

障害者差別解消法及び東京都障害者差別解消条例の普及啓発のため、区立障がい者福祉センターと板橋区地域自立支援協議会 権利擁護部会の共催で、下記のとおりセミナーを開催します。

『対話こそ共生社会を開くカギ~全盲弁護士が語る障害者差別解消法~』

日時 令和2年12月23日(水曜日)午後6時から午後8時まで(午後5時30分受付開始)
場所 板橋区立文化会館 4階 大会議室(板橋区大山東町51-1)
講師 大胡田 誠 氏(おおごだ法律事務所 弁護士)
対象 どなたでも
費用 無料
定員 100名

申込方法

令和2年11月24日(火曜日)午前9時から、電話またはファクス、メールにて、
住所、氏名、ご連絡先(電話またはファクス番号、メールアドレス)を問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先

板橋区立障がい者福祉センター 担当:今関・川口
電話 03-3550-3401(受付時間 月曜日から金曜日、午前9時から午後5時まで)
ファクス 03-3550-3410
メール takasyou-s@xsj.biglobe.ne.jp

あらかじめ手話通訳者・要約筆記者の配置、ヒアリングループの設置をしております。
介助者等の同行があり座席が必要な方、触手話通訳を希望する方、拡大文字資料等を希望する方、その他配慮を希望する方は、12月16日(水曜日)までに、問い合わせ先までご連絡ください。

新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルス感染予防対策として、通常定員の半分以下の集客とし、講演中も適宜換気などを行う予定です。

また、当日ご来場の際は以下の感染予防対策にご協力をお願いします。
○入場前の検温にご協力ください。検温の結果、37.5℃以上の発熱がある方はご入場をお断りさせていただきます。
○会場内ではマスクの着用をお願いいたします。
○咳エチケットやこまめな手洗い、手指の消毒をお願いします。


法律の内容や、差別に関する相談、合理的配慮に関する相談などは下記リンク先のページをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障がい政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2361 ファクス:03-3579-4159
福祉部 障がい政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。