こころの相談のご案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022712  更新日 2020年5月19日

印刷大きな文字で印刷

こころの相談のご案内

新型コロナウイルス感染症拡大防止などのために、日常生活の変化を余儀なくされたときはこころとからだに様々な反応が起こります。

例えば、体調や生活の不安や閉塞感から気分が落ち込む、おっくう感が強くなる、眠れなくなる、朝早く目覚めてしまう、イライラして怒りっぽくなる、落ち着かなくなる、孤独や寂しさを感じる、何も感じなくなるなどが挙げられます。また自分の行動が感染を拡げたのかもしれないと自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

このような反応は一時的なら誰にでも起こり得る自然な反応です。しかし、このような状態が長く続く場合は、一人で抱え込まず、相談しましょう。

<参考>新型コロナウイルス感染症の影響によるこころの健康について学びたい方へ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 予防対策課
〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号
電話:03-3579-2329 ファクス:03-3579-1337
健康生きがい部 予防対策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。