平成29年度取材体験記(はじめに)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007860  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

板橋のいっぴんミステリー&ヒストリー 淑徳大学人文学部表現学科学生による取材体験記

2014年春に前野町に誕生した淑徳大学人文学部。今回は表現学科の学生が、魅力あふれる「板橋のいっぴん」を紹介します。なかでも、不思議な名前、ユニークな形をした「逸品」を徹底調査!
なぜ、そうした名前がついたのか。なぜ、その形なのか―。「ミステリー」を解き明かすとともに、お店の「ヒストリー」を紐解いていきます。

「板橋のいっぴん」とは

区民によって選ばれた、地域の人に親しまれている美味しい一品のこと。平成15・17・20年度に、地域の方々に愛され親しまれている和洋菓子・惣菜・パン・酒などの商品を区民から募集。公募委員などからなる選定委員会の審査の結果、65商品が「板橋のいっぴん」に認定されている。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。