平成27年度取材体験記1(こども動物園・ハッピーロード大山商店街)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007875  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

子どもたちのやすらぎの場所、こども動物園

文責 岡西穂香

板橋区役所前駅から徒歩10分。閑静な住宅街の一角にある東板橋公園の中に、「板橋区立こども動物園」はあります。ここでは、ヤギやヒツジ、モルモットなどの動物たちと触れ合うことができるということで、子どもたちに大人気です。中には、ほぼ毎日来ているという親子もいます。入場は無料、エサやり体験、ポニーの乗馬体験もできます。週末になると北区や豊島区、さいたま市大宮区など、区外から来る人もたくさんおり、多いときで一日の来園者が5000人になることもあります。
そんなこども動物園の役割を、チーフの絹川慎一さんは「子どもたちの情操教育、そして、学校以外での友達づくりの場」だと話します。その役割を果たしているものの一つが、小・中学生の子どもたちが所属している「こども動物クラブ」での活動です。このクラブの子どもたちは、イベント時の接客の手伝いや、スタッフに交じって動物の世話をしています。こうして動物と直接関わっていくことが、子どもたちの心を育み、ケアすることにつながるのです。実際、ポニーの世話をしながら、学校では話せなかった悩みをポニーに話し癒される子や、不登校が解消した子もいます。
絹川さんは、このこども動物園という場所を、「子どもたちが安心して遊べる、学校や家とはまた違うもう一つの居場所」と語ります。ここは子どもたちにとって、身近にあるやすらぎの空間なのです。
さらに、こども動物園では、「出張ふれあい」という取り組みを行っています。区内の小学校や保育園に動物を連れていき、実際に動物たちと触れ合って生き物の体温を感じたり、聴診器で心音を聴いたりするなど、「生命」を感じてもらえるような授業をしています。
(取材:岡西穂香・飯作晃希・保坂聖菜)

写真1
ポニーと並ぶチーフの絹川慎一さん
写真2
エサやり体験の説明を受ける親子のみなさん
写真3
おいしいニンジン召し上がれ!
写真4
カメラ目線のサービスをしてくれたヤギ

遊び心いっぱい ハッピーロード大山商店街

文責 成井勇人

毎日、約3万人の人々が行き交い賑わいを見せるハッピーロード大山商店街。私たちは、そこで新しい取り組みを発見しました。若者やお年寄り、また子育て世代のお父さん・お母さんにも快適で楽しい商店街をめざして、日々進化を遂げているハッピーロード大山商店街に、今回は注目です。
「商店街は遊びから入らないと」と語るのは、ハッピーロード大山商店街振興組合事務局長の水野隆司さん。その言葉の通り、今、商店街ではイベントが数多く行われています。特に好評なのが、いたばしプロレスリングとのタイアップ。夏祭りではリングを設けて試合を行ったり、「ハッピーロードマン」という商店街オリジナル選手を考案しデビューさせたりといった、実にユニークな取り組みに、商店街は大盛り上がり。プロレス世代の方やお母さんとその子どもなど、今では幅広い世代のファンがプロレスに熱狂し、ハッピーロード大山商店街に新たな風を吹き込んでいます。
こういった取り組みには、商店街を、ただモノを売るところから、いろいろな人たちに利用してもらい、地域の交流・情報共有の場にしてもらいたいという願いが込められています。そして「いま、大山に住んでいる子どもには、ここをふるさとにしてもらいたい」と、朗らかに水野さんは語ってくれました。昔ながらの地域の行事と、新しいアイデアを組み合わせたイベントとの融合。これを続けることによって、絶えず賑わう環境を次の世代へと受け継いでいこうという思いがあるようです。それだけでなく、大山の子どもたちが大人になり、他の場所に住むことになっても、帰ってくるふるさとが大山にある、そんなオンリーワンな街、商店街にしていきたいと、商店街の方々は考えているようです。
最近では、商店街に「大山SUKUSUKUカフェ&キッズ」という、子育てをするお母さんを支援する施設も設けられました。買いものをするときの子どもの一時的な預けの場であり、子育てに関する相談の場にもなっており、朝から多くのお母さん方が足を運んでいました。また、将来的には、商店街と周辺の病院や住宅を結ぶコミュニティバスを運行するという壮大な計画もあるようです。病院がハッピーロード大山商店街の周辺に多いということもあり、実現すれば、お年寄りの方と商店街を繋ぐ重要な存在となることでしょう。
「一生づきあいします」
ハッピーロード大山商店街のこのキャッチフレーズが、そこに関わる人の温かさ・魅力を表しています。遊び心と真心を兼ね備えた板橋が誇るハッピーロード大山商店街。今後の進化に目が離せません。
(取材:成井勇人・郷良孝太朗・森綾香)

写真5
アーケードは全長560メートルの長さ
写真6
赤い衣装が特徴のハッピーロードマン
写真7
すくすくカフェで子育てをサポート

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。