広報いたばしテキスト版(令和元年7月27日号) 5面

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007911  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

「恐竜博2019」関連文化講演会

受講者に展覧会の招待券をプレゼント
国立科学博物館で開催している「恐竜博2019」(10月14日祝日まで)に関連する講演会を行います。本展では、世界・日本初公開の貴重な実物化石や、全身復元骨格などを紹介します。また、子育て・性別・絶滅の謎など、最新の恐竜研究による数々の新発見に迫ります。
とき 8月30日金曜午後2時から午後3時45分
ところ 区立文化会館大ホール
内容 講演「最新恐竜学2019」
※パソコン文字通訳あり
講師 国立科学博物館コレクションディレクター 真鍋真
対象 区内在住・在勤・在学の方
定員 1200人(抽選)
※生後4か月から未就学児の保育あり(定員4人)
申し込み・問い合わせ 8月9日(必着)まで、往復はがき・電子申請(区ホームページ参照)で、生涯学習課生涯学習推進係 電話番号03-3579-2633
※申し込み記入例(4面)の項目と聴覚障がいがある方はその旨を朱書。保育を希望する場合は、お子さんの氏名・何歳何か月・性別を明記。

初心者のための登山講座

登山の楽しさを体感しよう
とき 9月28日土曜・29日日曜(1泊2日)
※午後0時40分にJR「小諸」集合・29日日曜午後4時解散予定
宿泊 安藤百福センター(長野県小諸市)
※男女別相部屋
内容 講義、湯の丸山・烏帽子山登山
※歩行時間は約5時間
講師 公益財団法人植村記念財団理事 渡邉興亞、登山家 山口章
対象 登山靴・雨具・ザックなどをお持ちの方
定員 21人(申し込み順)
※申し込み者が13人以下の場合は中止
費用 2万5800円
※申し込み方法など詳しくは、植村冒険館ホームページをご覧ください。
問い合わせ 植村冒険館 電話番号03-3969-7421〈月曜休館。ただし祝日・休日の場合は開館し翌日休館〉
※本事業は、民間旅行会社への委託事業です。

I(あい)サロン

参加者のみなさんで気軽におしゃべりします。仲間づくりの場としてもご利用ください。
とき 8月6日火曜午前10時から午後0時
ところ グリーンホール504会議室
※当日、直接会場へ。
テーマ 平和
問い合わせ 男女社会参画課男女平等推進係 電話番号03-3579-2486

親プログラム

とき 8月16日から30日の毎週金曜、3日制、午後1時30分から午後3時30分
ところ グリーンホール503会議室
内容 講義「こころが傷ついたときの対処法」など
講師 特定非営利活動法人レジリエンス副代表 西山さつき
対象 区内在住・在勤で、子育て中の方
定員 20人(申し込み順)
※生後4か月以上のお子さんの保育あり(定員6人、申し込み順)
申し込み・問い合わせ 7月29日月曜朝9時から、電話で、子ども家庭支援センター 電話番号03-3579-2656

家事援助サービススタッフ研修

研修修了者は、要支援1・2の方を対象とした訪問型の家事援助サービス(掃除・洗濯・調理など)に従事するための資格(板橋区のみ有効)を取得できます。
とき 9月20日から10月4日の毎週金曜、3日制、午前10時から午後3時
ところ グリーンホール601会議室
対象 区内の訪問介護事業所で働く意欲がある方
※ヘルパーなどの有資格者を除く。
定員 40人(抽選)
申し込み・問い合わせ 8月20日火曜まで、電話で、介護保険課施設整備・事業者指定係 電話番号03-3579-2253

リサイクルプラザの催し

Aペットボトルで雪の結晶作り
とき 8月10日土曜
定員 20人

Bソーラーパワーのひみつ
とき 8月16日金曜
内容 太陽光発電などの解説・実験
定員 25人

Cあきびんで万華鏡作り
とき 8月18日日曜
定員 15人
持ち物 ビーズ・シールなど

《AからCいずれも》
※午前10時15分から午後0時
※申し込み順
対象 区内在住・在学の方(BCは小学生)
※小学3年生以下は保護者同伴
ところ・申し込み・問い合わせ 7月27日土曜朝9時から、電話で、リサイクルプラザ 電話番号03-3558-5374
※同プラザホームページからも申し込み可

エコポリスセンターの催し

日本のいきものイラスト展

とき 8月1日木曜から9月1日日曜(8月19日月曜を除く)、午前9時から午後5時
内容 過去に同センター職員が来館者のリクエストで描いた原画

緑のカーテンコンテスト

対象 緑のカーテンの育成に取り組んだ個人・団体・区内公共施設、緑のカーテンに関する絵日記に取り組んだ小学生以下
賞品 図書カード(グランプリ5000円・その他各3000円)
申し込み 9月28日(必着)まで、必要書類を直接または郵送・Eメールで、エコポリスセンター(郵便番号174-0063前野町4-6-1)メールアドレスinfo@itbs-ecopo.jp
※必要書類など詳しくは、同センターホームページをご覧ください。

《いずれも》
ところ・問い合わせ エコポリスセンター 電話番号03-5970-5001〈第3月曜休館。ただし祝日の場合は開館し翌日休館〉

いたばし区民文芸 五・六月分

歌壇 宇田川寛之 選

 かなうならも一度この世に戻りきてわび言ひとつ聴いてくれ 母さん 久保親二
 日本語を使い分けしてきびきびと外国人ら工事に従う 和田幸久
 つゆまえのはれわたりたる朝の空 何かいいこと始まる思いす 岡澤修
 天賞、叶わぬと分かっていながら願いたいことがある。一字空けのあとの「母さん」に切実な思いがこもる。地賞、外国人労働者が器用に日本語を使いこなす工事現場。情景を巧みに描いている。人賞、梅雨入り前の空に何か始まる予感。漢字と平仮名の使い分けが効果的だ。

俳壇 中村和弘 選

 げんげ田にレイ編む少女ゆうあかね 金井順子
 入学の子にクラーク像を教へられ 三井清一
 脱皮する節の艶く今年竹 新田習作
 天賞、レイはハワイでお客を歓迎する花輪。げんげの花で編んでいる少女、誰にあげるのだろうか。地賞、「少年よ大志をいだけ」の語で有名なクラーク先生の像。あれがその像と入学の子に教えられた。人賞、皮を脱ぎ成長する今年竹、その節が新鮮でつやめいて見える。

川柳 尾藤川柳 選

 失言を三たび桜を世に散らす 和田清
 猛暑でもくるわずきざむ腹時計 村上弓子
 騒々しいスナック菓子の自己主張 おかちえみ
 天賞、時期はずれの桜だが時事。桜の金バッジを散らす際の潔くない醜態が目に余る。地賞、ニンゲンの性。だからこそ生きていけるとも…。人賞、スナック菓子を食べる快感のひとつが音。それを食べているニンゲンの騒がしさが風景に重なる。句数の割に集句のレベルの底が上ってきた。

《いずれも》
申し込み・問い合わせ 8月5日(必着)まで、はがきに部門(短歌・俳句・川柳の別)、作品(1人1部門1作品で未発表のもの)と必要事項(申し込み記入例4面参照)を明記のうえ、公益財団法人板橋区文化・国際交流財団(郵便番号173-0014大山東町51-1区立文化会館内)電話番号03-3579-3130
※文字は楷書で丁寧に。漢字にはふりがなも明記。
※入選した作品の他誌への投稿はご遠慮ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。