広報いたばしテキスト版(子育て支援特集号) 1面

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007967  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

子育て家庭を応援します

お子さんの健やかな成長をサポート

区では、安心して子どもを産み育てることができるよう、妊娠期から子育て期にわたって切れ目なく、各家庭のニーズに応じた支援を行っています。今日は、子育て支援サービスの内容や利用方法を、生活の場面に応じて紹介します。
問い合わせ 子ども政策課庶務係 電話番号03-3579-2471

妊娠期

妊婦・出産ナビゲーション事業
保健師・助産師が、妊娠届の提出に合わせ、妊娠期の健康・子育てに関する相談(妊婦面接)を行い、悩みごとなどの対応策を一緒に考えます。
※面接を受けた方は、「板橋区オリジナル育児パッケージ」を申請できます。
ところ・問い合わせ 健康推進課健康サービス係 電話番号03-3579-2313、各健康福祉センター

母親学級・両親学級
母親学級は、保健師・助産師・歯科医師・歯科衛生士・管理栄養士が妊娠中についてお話しする「母親学級 妊娠中の過ごし方編」、保健師が赤ちゃんとの過ごし方・育児についてお話しする「母親学級 赤ちゃんとの過ごし方編」の2つがあります。
両親学級は、保健師・助産師が妊娠中の健康管理・過ごし方、出産・育児でのパパの役割などについてお話しします。
※「母親学級 赤ちゃんとの過ごし方編」「両親学級」では、赤ちゃんのお風呂の入れ方・パートナーの妊婦疑似体験あり。
問い合わせ 各健康福祉センター

プレママ・プレパパコース
医師(産科・小児科)によるお産と赤ちゃんの健康講座、助産師によるペアストレッチを行います。
問い合わせ 健康推進課健康サービス係

子育て期

新生児等・産婦訪問
保健師または助産師が、赤ちゃんが生まれた全ての家庭を訪問します。
※赤ちゃんの誕生後、出生通知票(母子健康手帳にとじ込まれているはがき)に必要事項を記入のうえ、なるべくお早めにご提出ください。
問い合わせ 健康推進課健康サービス係

産後ケア事業

  • 訪問型
    助産師が、産後120日までのお母さんがいる家庭を訪問し、育児へのアドバイスのほか、乳房のケア・沐浴指導(生後28日以内)を行います。
  • 宿泊型
    初産のお母さんと生後2か月以内の赤ちゃんが、区が契約する助産所・医療機関などに宿泊し、お母さんが安心して育児ができるよう援助します。
    ※対象要件あり
    《いずれも》※医療行為が必要な方は対象外。自己負担あり。詳しくは、お問い合わせください。
    問い合わせ 健康推進課健康サービス係、各健康福祉センター

2・3か月児の母と子の会
お母さん同士の仲間づくりのきっかけとなるよう、相談支援・ミニ講座や交流会を行います。
問い合わせ 各健康福祉センター

子育て応援児童館CAP'S(キャップス)
乳幼児・その保護者を対象に、年齢に応じて集団で遊ぶ「年齢別プログラム」・保護者向けの子育て応援教室など、さまざまな事業を実施しています。開館時間内は、いつでも職員が子育てに関する悩み相談を受け付けます。また、区が実施する子育て情報の提供も行います。
開館時間 平日、午前9時から午後5時
問い合わせ 子ども政策課育成係 電話番号03-3579-2475、各CAP'S
〈利用者の声〉
広い館内で思いっきり遊んでいます。職員が明るく話しやすいです。
ランチタイムには、お弁当を持ってきて、お友達と一緒に食べています。
※各健康福祉センター・各CAP'Sの問い合わせは、区ホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。