広報いたばしテキスト版(令和元年5月25日号) 4面

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007980  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

申し込み記入例

  1. 催し名・コース
  2. 郵便番号・住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 年齢
  5. 電話・ファクス番号

往復はがきの場合は返信用にも住所・氏名を記入してください
※原則1から5を全て記入
※区内在勤・在学の場合は6勤務先(所在地)・学校名を記入
※記事内に指定がある場合は7その他記載事項を記入
※原則1人1枚
申し込み先に所在地がない場合の宛て先
郵便番号173-8501 板橋区役所(住所記入不要)●●●課●●●係(催しの担当)

6月から大谷口おとしより相談センターを新設します

区では、高齢者の総合相談窓口「おとしより相談センター」(以下「センター」)を設置しています。
6月から、大谷口センターを新設し、一部センターの名称・担当区域を変更します。

大谷口センターの新設

利用時間 月曜から土曜(祝日を除く)、午前9時から午後5時
所在地 向原3-7-8(ケアホーム板橋内)
担当区域 大谷口一・二丁目、大谷口上町、大谷口北町、向原一から三丁目、小茂根一・二丁目

一部の名称・担当区域の変更

大谷口センターの新設により、次の一部センターの名称・担当区域が変更になります。詳しくは、区ホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

  • 名称・担当区域の変更…東板橋・常盤台・上板橋・小茂根の各センター
  • 名称のみ変更…加賀・志村・若木・坂下・四葉の各センター

《いずれも》
問い合わせ おとしより保健福祉センター管理係 電話番号03-5970-1119

高齢者見守りキーホルダーの交換

センターの名称・担当区域が変更になる地域にお住まいの方は、高齢者見守りキーホルダーを交換します。対象者には、順次、担当のセンターから連絡します。
※電話で、担当のセンターに連絡のうえ、窓口での交換も可。
※対象者が多い地域は、連絡までに時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。
問い合わせ おとしより保健福祉センター地域ケア推進係 電話番号03-5970-1114

高齢者の暮らしを拡げる「10の筋トレ」体験講座

とき 6月12日水曜午前9時45分から11時30分
ところ 下赤塚地域センター
内容 介護予防に効果のある筋力トレーニングの説明・体験
講師 東武練馬中央病院理学療法士 森拓也
対象 区内在住で、地域の方と筋力トレーニングを始めてみたい個人・グループ
定員 70人(申し込み順)
申し込み・問い合わせ 5月27日月曜朝9時から、電話で、おとしより保健福祉センター介護普及係 電話番号03-5970-1120

認知症の方を介護する家族のための講座

とき 6月21日金曜午後2時から午後4時
ところ グリーンホール601会議室
内容 講義「認知症とともに生きる方への接し方」
講師 (地独)東京都健康長寿医療センター臨床心理士 扇澤史子
対象 区内在住・在勤で、認知症の方を介護している家族または介護に関わる方
定員 40人(申し込み順)
申し込み・問い合わせ 5月27日月曜朝9時から、電話で、おとしより保健福祉センター認知症施策推進係 電話番号03-5970-1121

すぐに役立つ介護講座(基本編)

とき 6月10日月曜・17日月曜、2日制、午後1時から午後3時30分
内容 介護の考え方、寝返り・起き上がり、ベッド上での移動、車いす介助の方法など
対象 区内在住で、家族を介護している、または介護する予定の方
※ヘルパーなどの有資格者を除く。
定員 12人(抽選)
ところ・申し込み・問い合わせ 6月3日(必着)まで、往復はがきで、おとしより保健福祉センター介護普及係(郵便番号174-0063前野町4-16-1)電話番号03-5970-1120
※申し込み記入例の項目と職業を明記

リサイクルプラザの催し

クラフトひもでかご編みづくり

とき 6月8日土曜午前10時15分から午後0時
定員 10人

裂き織りぞうり講座

とき 6月15日土曜午前10時15分から午後2時
定員 15人
持ち物 木綿または綿混紡の布(薄い布は幅8センチメートル・厚い布は幅5センチメートル、長さ1.5メートル)20枚・針金ハンガー・昼食
《いずれも》
※申し込み順
対象 区内在住・在勤・在学の方
費用 200円
ところ・申し込み・問い合わせ 5月25日土曜朝9時から、直接または電話・ファクスで、リサイクルプラザ 電話番号03-3558-5374 ファクス番号03-3558-4735
※申し込み記入例参照
※同プラザホームページからも申し込み可

教育科学館の催し

A一般向け投影「ブラックホール」
とき 6月1日土曜から30日日曜、午後3時30分
Bヒーリングプラネタリウム「星と音楽の時間(ロック編)」
とき 6月9日日曜午後6時から午後6時50分
※当日、午後5時30分からチケット販売。
対象 小学5年生以上の方(小学生は保護者同伴)
《ABいずれも》
費用 一般350円・高校生以下120円
※20人以上の団体(Aのみ)・65歳以上の方(持ち物…年齢がわかるもの)・障がいがある方(持ち物…各種手帳)には割引あり
Cほしぞらであそぼ「豪傑ヘルクレスのはなし」
とき 6月1日土曜から30日日曜の土曜・日曜・祝日…10時30分、水曜…午後2時
《AからCいずれも》
定員 197人(先着順)
※当日、直接会場へ。
ところ・問い合わせ 教育科学館 電話番号03-3559-6561〈月曜休館〉

まなぽーと成増の催し

まなぽーと成増フェスタ

とき 6月8日土曜・9日日曜、午前10時から午後4時
内容 ステージ発表・作品展示・講座・体験コーナー・手打ちそばの販売など
※一部有料・申し込み制の催しあり。詳しくは、区ホームページをご覧ください。

成増サークル公開教室

初級中国語講座
とき 6月15日から29日の毎週土曜、3日制、午前10時から午前11時30分
定員 20人
詩吟教室
とき 6月18日火曜午後1時30分から午後3時
定員 5人
脳がいき生き 五感でアート体験
とき 6月26日水曜・7月17日水曜・8月8日木曜、3日制、午前10時から午後0時
内容 オイルパステルで色遊びなど
定員 15人
費用 800円
※申し込み順
申し込み 5月25日土曜朝9時から、電話・Eメールで、まなぽーと成増 メールアドレスnsyakyo@city.itabashi.tokyo.jp
※申し込み記入例参照
《いずれも》
ところ・問い合わせ まなぽーと成増 電話番号03-3975-9706〈第3月曜休館〉

いたばし区民文芸 三・四月分

歌壇 宇田川寛之 選

 ほっこりと上手く返せし卵焼き箸もて分くる一人のゆうげに 斉藤征夫
 我が年を問いたる姪はほほえみて「ひゃくさいまではまだまだだ」ねと 久保親二
 深呼吸しただけなのに「溜息をつく程何か」と聞きくるる子よ 篠原まゆみ
 天賞、普段より上手にできた卵焼きを前に、かつての家族の賑わいを一人思い出している。地賞、「ひゃくさい」からめいはまだ幼いと想像する。姪の言葉を作者は励ましと受け取ったのだろう。人賞、深呼吸の息を吐き出すことと溜息は似て非なることだ。「なのに」が良い。

俳壇 中村和弘 選

 舞い上ぐる桜吹雪や谷浄土 三井清一
 太公望集ひて川の水温む 廣上松四郎
 下萌や武蔵野台地風の中 猪瀬尚志
 天賞、谷の中に桜吹雪が舞い上がる。美しく幻想的にも思える光景。その時谷は浄土、と作者の実感。地賞、春、川や池の水がぬるみ太公望(釣人)がいっせいにくり出しにぎやか。人賞、春の強い風が武蔵野台地に吹き荒れる。したもえもはじまっている。太古からくり返されてきた季節の巡り。

川柳 尾藤川柳 選

 10連休有る仕合せと不仕合せ 鈴木晃
 八十路坂歩む新たなスニーカー 廣上松四郎
 令和とは笑いほころぶ世の名前 岡智恵美
 天賞、人生は多様。休みの欲しい時に休めず、無用の時には十連休を強いられる。人生のアイロニー。地賞、作者の前向きな姿勢が「新たな」に。人生百年時代のやそ.じは、もはや通過点。人賞、中七の「笑いほころぶ」は受け取り方で肯定的にも否定的にも。笑える世になって欲しい。
《いずれも》
申し込み・問い合わせ 6月5日(必着)まで、はがきに部門(短歌・俳句・川柳の別)、作品(1人1部門1作品で未発表のもの)と必要事項(申し込み記入例参照)を明記のうえ、公益財団法人板橋区文化・国際交流財団(郵便番号173-0014大山東町51-1区立文化会館内)電話番号03-3579-3130
※文字は楷書で丁寧に。漢字にはふりがなも明記。
※入選した作品の他誌への投稿はご遠慮ください。
※平成30年度の入選作品をまとめた作品集(A4判)を1冊100円で販売します。希望する方は、直接、同財団。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。