広報いたばしテキスト版(令和元年5月11日号) 6面

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007998  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

成人男性風しん定期接種事業(抗体検査・予防接種)無料クーポン券をお送りします

昨年からの風しんの流行を受け、定期接種を受ける機会がなかった一部の男性が、定期接種(第5期)の対象になりました。対象者には、5月下旬に無料クーポン券をお送りしますので、条件を確認のうえ、抗体検査を受けてください。抗体検査は、国保特定健診・事業所健診と一緒に受けられる場合があります。検査の結果、抗体が不十分な場合は、予防接種を受けてください。
対象 2月28日現在、区内に住民登録があり、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性
※昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性は、来年度以降の送付対象ですが、希望があれば、個別に無料クーポン券をお送りします。専用ダイヤルまたは区ホームページからお申し込みください。
問い合わせ 風しん対策事業専用ダイヤル 電話番号03-6905-7882

5月14日から20日はギャンブル等依存症問題啓発週間

ギャンブルなどの問題で、一人で悩んでいませんか
ギャンブル・投資などをやめようと思っても、やめられなくなっていませんか。また、家族の借金に、困っていませんか。ギャンブル等依存症は、回復できる病気です。一人で抱え込まず、相談しながら、対処法を考えてみませんか。

ギャンブル等依存症の特徴

  • 興奮を得るために、使用金額を増やしている
  • 中断・中止したりすると落ち着かなくなる、またはイライラする
  • 制限しよう・減らそう・やめようとしたが、成功しなかったことがある
  • 苦痛の気分のときにすることが多い
  • 負けを取り戻そうとして、また別の日にギャンブルすることがある
    のめり込みを隠すために、ウソをつくことがある
  • ギャンブルなどによって、人間関係・仕事・教育上の機会を危険にさらしたり、失ったりしたことがある
  • ギャンブルなどによる絶望的な経済状態から免れるため、他人からお金を借りようとしたことがある

※問題が起きている場合は、ギャンブル等依存症の可能性があります。また、依存症ではなくても、問題を改善しないと、今後、依存症に進行する可能性が高いと言えます。

ギャンブルなどの問題は家族も巻きこみます

家族は、本人のために、監視や借金の肩代わりをしがちですが、それは望ましくありません。巻き込まれて疲弊していきます。子どもへの影響も深刻です。また、ギャンブルなどに関連して、虐待・犯罪・自殺なども起こります。

悩みは抱え込まず早めに相談しましょう

ギャンブル等依存症の回復のためには、本人・家族が対処法を知り、ギャンブルなどの問題の専門相談、専門治療・自助グループにつながることが必要です。
区では、本人・家族などを対象に、保健所・各健康福祉センターで、随時相談を受け付けています。また、消費者庁では、相談窓口を開設しています。
※詳しくは、消費者庁ホームページをご覧ください。
問い合わせ 予防対策課管理・精神難病グループ 電話番号03-3579-2329、各健康福祉センター(「健康ガイド」参照)

健康ガイド(7面に続きます)

※申し込み開始日の明示のないものは月曜朝9時から受け付けます。
板橋健康福祉センター 電話番号03-3579-2333
上板橋健康福祉センター 電話番号03-3937-1041
赤塚健康福祉センター 電話番号03-3979-0511
志村健康福祉センター 電話番号03-3969-3836
高島平健康福祉センター 電話番号03-3938-8621
女性健康支援センター 電話番号03-3579-2306

膠原病の方の交流会

とき 6月4日火曜午後1時30分から午後3時30分
ところ 板橋区保健所
内容 療養上の体験の情報交換・ストレッチなど
講師 センター運動指導員
対象 区内在住・在勤で、膠原病を患っている方・その家族
定員 20人(申し込み順)
持ち物 フェイスタオル
申し込み・問い合わせ 電話で、予防対策課管理・精神難病グループ 電話番号03-3579-2329

乳がん体験者いたばしオアシスの会

とき 6月6日木曜午後1時30分から午後3時30分
ところ 板橋区保健所
内容 体験・療養上の悩みなどの語り合い
対象 区内在住・在勤で、乳がんを体験した、またはこれから治療を始める女性
定員 30人(申し込み順)
申し込み・問い合わせ 電話で、女性健康支援センター

高血圧予防講座

とき・内容・講師(2日制)

  • 5月30日木曜…「血管が若返る生活習慣」東京医科大学名誉教授 高沢謙二
  • 5月31日金曜…「今日からできる減塩の工夫」東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部課長 湯浅愛

※午後2時から午後4時。講義。
対象 区内在住の方
定員 50人(申し込み順)
ところ・申し込み・問い合わせ 直接または電話で、板橋健康福祉センター

尿もれ予防体操教室

とき 6月10日月曜午後1時から午後2時30分
ところ ケアタウン成増(成増4-14-18)
内容 講義・実技
講師 センター保健師
対象 区内在住・在勤の女性
定員 20人(申し込み順)
持ち物 ハンドタオル
申し込み・問い合わせ 電話で、女性健康支援センター

かんたんで充実した食事づくり

とき 6月12日水曜午前10時30分から午後1時
内容 講義・調理実習・会食
対象 区内在住で、65歳以上の方
定員 20人(抽選)
費用 300円
持ち物 エプロン・三角巾・タオル
ところ・申し込み・問い合わせ 5月25日(必着)まで、往復はがき・電子申請(区ホームページ参照)で、板橋健康福祉センター(郵便番号173-0014大山東町32-15)
※申し込み記入例(4面)参照

学校給食を家庭用にアレンジしてみよう

とき 6月15日土曜午前10時から午後1時
内容 講義・調理実習・会食
対象 区内在住・在勤・在学で、18から64歳の方
定員 20人(抽選)
費用 500円
持ち物 エプロン・三角巾・タオル
ところ・申し込み・問い合わせ 5月31日(必着)まで、往復はがき・電子申請(区ホームページ参照)で、上板橋健康福祉センター(郵便番号174-0075桜川3-18-6)
※申し込み記入例(4面)参照

日頃から備える災害時の食事

とき 6月21日金曜午前10時から午後0時
内容 講義・調理実演・試食
対象 区内在住・在勤・在学で、18から64歳の方
定員 25人(抽選)
ところ・申し込み・問い合わせ 6月10日(必着)まで、往復はがき・電子申請(区ホームページ参照)で、赤塚健康福祉センター(郵便番号175-0092赤塚1-10-13)
※申し込み記入例(4面)参照

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。