広報いたばしテキスト版(平成31年4月27日号) 1面

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008004  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

その電話、特殊詐欺では

次はあなたが標的に
区内では、オレオレ詐欺や還付金詐欺など、特殊詐欺の被害が増加しています。昨年の特殊詐欺被害件数は182件で、被害額は約4億4490万円となっています。
大切な財産を守るためにも、被害に遭わない心構えを持ち、事前に対策しましょう。
問い合わせ 防災危機管理課防犯促進グループ 電話番号03-3579-2153

特殊詐欺の手口を理解しよう

最近では、様々な特殊詐欺が発生し、手口も巧妙化・凶悪化しています。特殊詐欺から自分・家族を守るため、詐欺の手口を理解し、防犯力を高めましょう。
劇場型詐欺
複数の詐欺師が、家族・警察官・弁護士・銀行員・デパート店員など、それぞれの役割を演じる詐欺を「劇場型詐欺」と言います。複数の人物から電話がかかってくるため、家族が被害に巻き込まれていると信じ込みやすいのが、この手口の特徴です。
アポ電強盗
強盗する前に、警戒心を緩めたり、詐欺が可能かどうかをチェックしたりする電話を「アポ電(アポイントメント電話)」と言います。詐欺師が家族になりすまして電話をかけ、個人情報や家にある現金などの情報を聞き出し、その後に自宅に押し入り現金を奪う新しい手口です。
元号改正に関連した詐欺
全国銀行協会を名乗り、「元号が変わることで銀行法が改正される。不正操作防止用カードに交換が必要」と書かれた手紙を送り、暗証番号を書かせて、キャッシュカードを返送させる手口が増えています。

被害を防ぐポイント

「私は大丈夫」との思い込みが最も危険です。事前に対策しましょう

  • 迷惑防止機能付き電話機に替える
  • 自動通話録音機を設置する
  • 常に留守番電話に設定し、在宅中でも電話に出ない
  • 本人確認のための合言葉を決めておく

※警視庁の統計では、被害者の88パーセントが60歳以上の高齢者です。自分だけではなく、家族が狙われ、被害に遭う可能性があります。家族・親族にも詐欺の手口を伝え、対策を話し合っておきましょう。

区の取組を紹介します

簡易型自動通話録音機の配付
5月下旬から、簡易型自動通話録音機を配付します。対象など詳しくは、今後発行の「広報いたばし」などでお知らせします。
自動通話録音機・迷惑防止機能付き電話機への補助金制度
警告メッセージ・録音などの機能がある「自動通話録音機」「迷惑防止機能付き電話機」を区内店舗で購入した区民に、補助金(上限2000円)を支給します。詳しくは、お問い合わせください。
「最近の犯罪発生情報」の発行
区内警察署・関係部署からの情報を基に、毎週金曜に情報紙を発行しています。防災危機管理課(区役所4階25番窓口)で配布しているほか、区ホームページに掲載・希望者にメール配信しています。防犯対策にお役立てください。

「この電話、詐欺」と感じたら警察署にご連絡を

  • 板橋警察署 電話番号03-3964-0110
  • 志村警察署 電話番号03-3966-0110
  • 高島平警察署 電話番号03-3979-0110

次回は5月11日土曜に発行します

本号は5月4日号との合併号です。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 広聴広報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2024 ファクス:03-3579-2028
政策経営部 広聴広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。