区議会だより(平成29年第3回定例会)テキストページ5

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011757  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

区政への一般質問(要旨)

なかつまじょうた(民進党)

中国北京市石景山区公式訪問の成果について問う
【質問】双方の共通課題である子育てや介護に関して、人的交流や情報交換を石景山区と積極的に行ってはどうか。
【区長】文化交流や訪問の際などの機会を捉え、情報交換を適宜行っていく。

個別整備計画について問う
【質問】新河岸公園内集会所の廃止を撤回し、適切な時期に建て替えて維持するよう求めるが見解は。
【区長】老朽化が進み、狭あいで利用率が低い状況にあり、近隣に地域住民が利用可能な集会施設があることから、計画通りに進めたいと考える。

障がい者福祉について問う
【質問】発達障がい者支援センターの開設に向け、当事者、区、JKK、法人による意見交換体制の早期構築を。
【区長】関係者との情報共有と連携促進に向け、協力体制の構築を積極的に進める。

放置自転車対策を問う
【質問】南常盤台バス停付近の都道における放置自転車の多さに住民が迷惑をしている。都と協議し対策を。
【区長】バス停の乗降者数が少なく、駅からの距離があるため、放置禁止区域への指定は困難。都と協力し円滑な通行の確保に向けて取り組む。
※以上のほか、区施設の通年開館について質問があった

さとうとしのぶ(民進党)

喫煙課題について問う
【質問】[1]加熱式たばこの屋内利用について、区で統一した条件整理などを行い、事業者などに指導すべきでは。[2]路上禁煙地区であっても、加熱式たばこは禁止しないという自治体が増えている。区でも取扱いを検討しては。
【区長】[1]国は、加熱式たばこの健康への影響について知見が不十分として、結論を先送りにしている。今後の国の法制化を見守る。[2]直ちに禁止の対象から除外することは考えていないが、国や他の自治体の動向を注視し必要な調査を行う。

熱中症対策について問う
【質問】[1]日本気象協会が実施する「熱中症ゼロへ」のキャンペーンに多くの自治体が参加している。区も参加すべきでは。[2]区内主要施設にウォーターサーバーを設置し、熱中症対策の休憩所として利用できるようにしては。[3]区の防災・緊急情報メール配信サービスで、高温注意情報などとあわせて光化学スモッグ注意報を配信してみては。
【区長】[1]登録要件や他の自治体の取組み状況などを見極め、検討を進める。[2]ふれあい館や、いこいの家に猛暑休憩所を設けている。休憩所の増設に向けて、補助金の活用も含めて検討する。[3]区民の健康影響などを踏まえ、メール配信サービスの活用を検討する。

いしいつとむ(自民党)

農業振興について問う
【質問】[1]農業従事者の育成の観点から、小・中学生から農業に親しむことが大切。学校給食に区内産農産物を使うなどの食育事業が高い効果を上げているが、一部だけでなく、種まきから収穫までやり遂げることで農業の価値が子どもたちに伝わると考える。そのためには、一定の広さがあり年間を通じて使える農園が必要。耕作者が高齢化などで手放さなくてはならなくなった農地を借用し、学校用農地として使用する仕組みづくりを検討しては。[2]小・中学校が学校農園で農業体験を行う場合、学校側の積極的な対応が必要。カリキュラムにおける目的や目標を明らかにすること、時間の確保、教員の配置など、実現に向けてはいくつものステップを経る必要があるが、これには、農業単独の時間ではなく、区の伝統文化を学習する課程や部活動などの教材として農業学習を利用することも一案である。いずれの方法にせよ、農業の価値に対する学校全体の共通認識が不可欠。そこで、現在、小・中学校の校長は農業に関してどのような意識でいるのか。また、今後、意識啓発を行う考えがあるか。
【教育長】[1]農業の重要性や農地保全の必要性、地産地消の推進などの観点から、本区の児童・生徒が区内産業である農業を理解することは意義のあることと認識している。現在、紅梅小学校および赤塚小学校では、借用した土地で年間を通した農業体験学習に取り組んでいるが、限られた授業時数の中で、土地所有者など、近隣住民の多大な協力により実施できている状況である。今後、新たな農地を借用し、学校農園として区立全小・中学校の教育活動で活用していくには、土地所有者の協力のほか、近隣住民の継続的な協力・支援体制が確立できなければ難しく、各学校の状況なども踏まえつつ、個別に検討したい。[2]農業に関する意識について、各学校長は、体験活動は生きる力の基盤となり、特に農業体験は食と食生活への関心を高めるとともに、人間関係を構築する力の育成や豊かな人間形成を図るうえでも大きな役割を果たすと認識している。校長の意識啓発については、今後、地域や専門家の継続的な協力・支援体制のもと、学校事情に合わせて、特色ある教育活動の一つとして導入できる可能性を、個別に検討する。
東武練馬駅前踏切における安全確保について問う
【質問】長年にわたり関係機関との協議を進めてきたが、なかなか解決の糸口が見つからず、対応に苦慮していると認識する。29年に入り、区は練馬区側の関係機関と具体的な協議を始めたと聞いているが、今後の踏切対策の見通しと、関係機関との協議の進捗状況は。
【区長】29年2月、練馬区の関係3団体と、東武練馬駅前踏切の危険性の認識・共有と今後継続して協議していくことの確認をした。その後、4月から5月に、徳丸町会長会議、徳丸商興会幹事会、北町二丁目町会役員会に区の職員が出席し、踏切の安全確保には交通規制が必要であることを説明した。そして6月に、関係3団体に対して、交通規制に関する3つの案を提示し、各団体での検討をお願いした。今後、3団体と両区の職員を含む協議会を立ち上げ、各団体からの回答を取りまとめ、29年度中をめどに所管の警察署に交通規制を要望することを考えている。
※以上のほか、区財政、ご当地ナンバーについて質問があった

すぎたひろし(自民党)

東京2020大会における事前キャンプの誘致を求めて
【質問】多くの区民がオリンピアンやパラリンピアンと直接交流ができるように、事前キャンプなどの誘致や様々な交流事業の実現に向け、引き続き積極的な取組みを求める。区の事前キャンプなどの誘致活動の進捗状況は。
【区長】大会前に練習を行う事前キャンプ、大会期間中に体育施設で練習を行う競技団体の誘致については、大使館、競技団体、都などへPR活動を実施してきた。その結果、28年度からいくつかの競技団体などの視察申込みがあり、視察をした競技団体に継続的な働きかけを行っている。

発達障がい者支援センターについて問う
【質問】センター長をはじめとする、相談員や支援員の配置については、発達障がいに対する深い見識を有し、地域の社会資源との連携が図れる経験豊富な専門員の選定を求める。センター長の選考を含む職員の体制づくりの進捗状況は。
【区長】職員体制づくりの進捗状況については、施設が有効に機能するような人材を登用し、適切な職員体制を法人に求めていく。特に要となるセンター長は、早期に調整し、優秀な人物を確保できるよう努める。

障がい者の雇用促進を求めて
【質問】新中央図書館におけるいたばしラウンジへの障がい者雇用は、障がい者と図書館利用者との温かい交流が育まれると考える。障がい者雇用促進の検討を。
【教育長】新中央図書館は、緑と文化を象徴する図書館として、緑に囲まれた快適な環境の中でゆったり読書できる空間の整備をめざしている。そのため、飲食ができ、利用者相互の交流を促進し、憩いの場となるいたばしラウンジを設置する予定である。先進自治体の取組み事例を研究し、障がい者雇用の促進に資するよう、運営条件や内容、設置場所などの検討を進める。

板橋区コミュニティ・スクールについて問う
【質問】板橋区の宝である子ども達の豊かな成長を支え、地域の活性化に資するものとなるよう期待をしているが、導入にあたり基本的な考え方および設置目的についてどのように考えるか。
【教育長】コミュニティ・スクールは、30年度に全小・中学校で実施する学校支援地域本部と両輪・協働の関係で運営することにより、学校の教育活動を支援する仕組みである。設置目的は、どのような子どもを育てるか、子どもが抱える課題は何かを学校と地域が共有し、関係者が皆当事者意識を持って取り組むことで、地域の活性化を図ることである。

踏切対策について問う
【質問】大山駅付近以外では鉄道立体化の見通しが立たない現状を直視し、区民の安心・安全の観点から、個別の踏切対策を、これまで以上にスピード感を持って推進していくべき。見解は。
【区長】大山駅付近以外では、ときわ台から上板橋駅付近が都の方針で鉄道立体化の検討対象区間に位置付けられている。鉄道立体化の検討対象区間でないその他の区間については、長期的な視点で立体化をめざしつつ、当面の安全対策として、個別の踏切対策を検討したい。
※以上のほか、都立城北中央公園内の陸上競技場の整備、民泊、地域猫対策、私立幼稚園における一時預かり保育事業について質問があった

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

区議会 事務局
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2704 ファクス:03-3579-2780
区議会 事務局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。