令和3年2月15日 令和2年度東京都板橋区一般会計補正予算(第8号)案について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031311  更新日 2021年2月15日

印刷大きな文字で印刷

1 概要

板橋区は、総額49億2,500万円となる、令和2年度東京都板橋区一般会計補正予算(第8号)案を2月15日(月曜日)から開催される、第1回板橋区議会定例会に提出した。

営業時間短縮要請により、厳しい経営状況が続く区内中小飲食店等に対する区独自の支援の実施や、新型コロナウイルスワクチン接種事業、感染者の支援を実施するための経費を計上している。

2 令和2年度一般会計補正予算(第8号)主な補正内容

板橋区独自の感染拡大防止協力金の給付

概要

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事業者に対し営業休止や営業時間短縮要請がなされ、国では持続化給付金、都では感染拡大防止協力金を給付し支援を行ってきたが、1月以降緊急事態宣言が出されたことで、飲食業を中心に厳しい経営状況が続いている。

そこで、区内中小飲食業等の感染拡大防止への更なる協力と、事業継続のため、東京都が実施している感染拡大防止協力金に板橋区独自の追加給付により支援を行う。

経費総額 619,550千円

(内訳)給付に係る業務委託経費、周知に要する経費等

対象及び主な給付要件

  • 区内に店舗があり、引き続き事業を行っている中小飲食店等
  • 東京都「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の交付決定を受けていること

給付金額

  • 従業員5人以下の事業者10万円
  • 従業員6人以上の事業者20万円

スケジュール

令和3年3月から 申請受付開始予定

新型コロナウイルスワクチン接種事業

概要

新型コロナウイルス感染症の拡大に対処し、区民の安心・安全を確保するため、ワクチン予防接種の実施体制を整備する。接種に伴う医療機関との連携及び接種費用の支払い、住民への個別通知(接種券等)、接種手続等に関するコールセンターの設置による相談体制の確立、集団接種を行う場合の会場確保等に要する経費を計上する。

経費総額 4,270,387千円

(内訳)接種体制確保事業委託経費、会場工事費、ワクチン接種経費、人件費、消耗品費等

実施体制

通いなれた「かかりつけ医」で接種できる体制を優先しつつ、区立施設及び区内医療機関、高齢者施設で接種できる体制を構築する。

相談予約体制

  • コールセンターの設置(令和3年3月1日(月曜日)から)
    接種に関する一般的な相談への対応及び区施設会場等の予防接種の予約受付を実施
  • インターネット上の区予約システムの構築

自宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者に対する夜間・休日救急往診体制整備事業

概要

夜間・休日において、自宅にて療養あるいは入院待機している新型コロナウイルス感染症患者に対し、電話による健康相談への対応、あるいは必要に応じて医師の往診による診察と治療を提供する体制構築を行う。

経費総額 35,063千円

(内訳)医療相談・救急往診等委託経費

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 財政課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2030 ファクス:03-3579-4211
政策経営部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。