こうぶんしょ館電子展示室61号「アーカイブズってなに?」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009246  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

こうぶんしょ館電子展示室61号

「アーカイブズってなに?」

はじめに

6月9日は「国際アーカイブズの日」でした。
各地のアーカイブズ施設では、これにちなんだ行事がおこなわれましたが、板橋区公文書館でも、アーカイブズが果たしている役割について、広く区民のみなさまにご理解いただくため、今回、この電子展示室で紹介します。
まずは、そもそもアーカイブズとはどのような施設なのかという問いについて簡単に説明します。
つづいて、類似の施設である博物館および図書館とアーカイブズとはどこが違うのか紹介します。この3つの文化施設は、総称してM・L・A(Museum・Library・Archives)と呼ばれています。これら3施設がどのような関係にあるのかについて図表にて解説します。
そして最後に、関東近県の基礎的自治体に設置されているアーカイブズ施設を紹介したパネルを取り上げます。
この電子展示を通して、「わかっているようで、よくわからない」アーカイブズを、みなさまの身近な存在として感じ取っていただければ幸いです。

アーカイブズとは

テレビなどではすっかりおなじみとなったアーカイブス(ズ)という言葉。
アーカイブズとは、行政機関が作成した文書をはじめ、皆さまに関する大切な記録を保管する施設です。加えて、地域の古い記録や写真なども保管するアーカイブズは、地域の皆さまにとっての「記憶の宝庫」だといえるでしょう。
アーカイブズは、重要な行政文書を保管することで民主主義の根幹を支えるとともに、失われてゆく地域の記憶を未来へと受け継いでいく大切な施設なのです。

博物館、図書館とどう違うの?

博物館とは、発掘された埋蔵文化財・歴史資料・民俗資料を集めて保管し、公開する施設です。公開の形式は、博物館の場合は展示という形式をとりますが、アーカイブズでは請求があった資料を閲覧してもらうところが異なります。
図書館とは、図書・新聞・雑誌などの印刷物や映画・CDなど、大量に出版されたものを集めて保管、公開している施設です。このように図書館では一般に流通しているものを扱っているのに対して、アーカイブズでは行政機関が作成した文書や地域の記録を扱っているところが違います。

MLAって?

わたしたちにも身近な文化施設である博物館・美術館(ミュージアム)、図書館(ライブラリー)とともに、海外では公文書館(アーカイブズ)も、文化資源を保存・活用する施設として、大変に重視されています。
これら文化施設は「MLA」と呼ばれ、国民が文化的な生活を営む上で欠くことができない施設とされており、各施設がそれぞれ単独で活動するだけではなく、連携して情報資源を横断的に活用していくことが求められています。

※ MLA施設の違いについては以下の資料「MLA施設のちがい」をご参照ください。

関東地方の自治体が運営する公文書館施設の紹介

当館、板橋区公文書館と同様に、自治体で(公)文書館を設置している関東地方の自治体は4市2町あり、板橋区を含めても未だ7自治体にとどまります。

  1. 栃木県:芳賀町総合情報館
    複合型(図書館、博物館併設)、平成20年10月開館
  2. 栃木県:小山市文書館
    既存施設活用型(書庫機能は分散)、平成19年4月開館
  3. 埼玉県:久喜市公文書館
    単独型、平成5年10月開館
  4. 埼玉県:八潮市立資料館
    複合型(博物館併設)、平成元年11月開館
  5. 東京都:板橋区公文書館
    既存施設活用複合型(ボランティアセンター、絵本館)、平成12年4月開館
  6. 神奈川県:藤沢市文書館
    単独型、昭和49年7月開館
  7. 神奈川県:寒川文書館
    複合型(図書館併設)、平成18年11月開館

ここで紹介した施設は、それぞれに地域的な特色をもったアーカイブズです。1人1人の顏が違うように、それぞれのアーカイブズ施設も、その地域の特色を反映して違う顏をもっています。これら地域に根ざした公文書館どうしが、さらなる連携を強めていくことで、多くの方々にアーカイブの存在、役割を伝えていくことができるのではないでしょうか。

おわりに

アーカイブズとはどのような施設なのか、少しはご理解いただけましたでしょうか。
博物館でも図書館でもない、「わかっているようで、よくわからない」アーカイブズ(施設)が、この展示室を通して、皆さまにより身近な施設となれば幸いです。
板橋区のアーカイブズである当館では、区役所で作成した公文書のほか、区役所発行の刊行物、広報写真、地図など、区民のみなさんの日常生活に関する各種資料を保存・管理し、一般公開しています。
是非一度、「知の宝庫」公文書館を訪ねてみてください。
※ 板橋区公文書館では、公文書以外にも、たくさんの資料・書籍を保存、公開しています。不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 区政情報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2020 ファクス:03-3579-4213
総務部 区政情報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。